ならはスマートインターチェンジ 開通を前に現場を公開

福島テレビ カテゴリ:地域

3月21日に開通する、常磐自動車道の「ならはスマートインターチェンジ」の工事現場が公開された。

常磐自動車道の「ならはスマートインターチェンジ」は、ETC(自動料金収受システム)専用で、広野インターチェンジと常磐富岡インターチェンジの間にある「ならはパーキングエリア」に設置される。

15日は、報道陣や地域の住民に工事現場が公開され、開閉式のバーが正しく作動するかどうかを確かめた。

また、傾斜のある道路の舗装には、滑り止めと凍結を防止するために溝が入れられた。

NEXCO東日本では、1日430台の利用を見込んでいて、利便性の向上にともなう経済効果や、救急搬送の時間短縮などが期待されている。

NEXCO東日本 いわき工事事務所・阿久津孝夫副所長は、「浜通り地方の地域の発展・活性化、東日本大震災からの復興に役立つと期待しています」と話した。

「ならはスマートインターチェンジ」は、3月21日に開通する。