高橋由伸さんが中学生に直接指導 華麗なバッティングも

福島テレビ カテゴリ:地域

福島市で開催された野球教室。

プロ野球で、選手としても監督としても活躍したあの人が、中学生に直接指導。

前読売巨人軍監督・高橋由伸さんは、「いい結果を残すこと、成功体験で、野球を好きになってくれたらいいと思っています」と話した。

野球教室で講師を務めたのは、2018年まで読売巨人軍で指揮を執っていた高橋由伸さん。

元プロ野球選手2人と一緒に、中学生を指導した。

2020年の東京オリンピックで、野球とソフトボールの試合が行われる福島市。

16日の教室は、子どもたちに野球に興味を持ってもらい、競技のレベルアップにつなげようと開かれたもので、市内の中学生およそ140人が参加した。

高橋さんなど元プロ野球選手は、走塁やバッティング、そして守備について、手本を示しながら、子どもたち1人ひとりに直接指導した。

指導を受けた中学生は、「めったにない機会なので、とても勉強になった。習ったことを試合で生かして、勝利に貢献したい」、「緊張していたけど、緊張をほぐすような優しい教え方で、すごくわかりやすかった」などと話した。

最後には、高橋さんの華麗なバッティングが披露され、子どもたちはボールの行方を追いかけていた。

高橋さんは、「憧れの選手をたくさん見つけてほしいと思う。子どもたちに憧れられるような選手を、1人でも多く育てたいと思います」と話した。

「毎日の努力の積み重ねが大切だ」と、子どもたちに伝えた高橋由伸さん。

指導を受けた子どもたちは、憧れの元プロ野球選手から刺激を受けた様子で、真剣に練習に取り組んでいた。