新人合同自主トレ 佐藤「気迫あふれる投球を」

仙台放送 カテゴリ:地域

1月9日から始まった、東北楽天ゴールデンイーグルスの新人合同自主トレは、14日が第2クール最終日。

厳しい練習が続く中、練習を盛り上げていたのが、ドラフト5位の高卒ルーキー・佐藤智輝投手(18)。

14日、「森林どりスタジアム泉」で行われた、新人合同自主トレ。

ルーキーたちは、キャッチボールやゴロ捕球など、基礎トレーニングを入念に行い、プロで戦い抜く体作りに励んだ。

連日続く厳しい練習の中、持ち前の明るさで練習を盛り上げているのが、ドラフト5位、山形中央高校出身の佐藤智輝投手。

佐藤投手は、「若手なので、先輩を盛り上げて引っ張っていくために、ランニングなどで先頭に立って走っています」と話した。

佐藤投手は、183cmの長身から投げ下ろす、最速144km/hのストレートと大きく曲がるカーブが武器。

2月1日から始まるキャンプで首脳陣へのアピールを誓った。

佐藤投手は、「“腕の振り”が持ち味なので、どんなバッターにも、インコースにしっかり気迫あふれる投球をしたいです」と話した。