「118番」正しく活用を 大水槽でPR

仙台放送 カテゴリ:地域

海で事故などが起きた場合に緊急通報する「118番」をPRするイベントが、13日、宮城・仙台市宮城野区の水族館で開かれている。

このイベントは、1月18日の「118番」の日を前に、第二管区海上保安本部が行ったもの。

二管本部によると、2018年、通報のほとんどが間違いや、いたずらだったことから、13日は、機動救難士が大水槽の中で「118」と掲げ、正しい使い方を呼びかけた。

第二管区海上保安本部 広報・地域連携室の大橋健室長は「海の事件・事故は118番をもっと覚えてもらって、しっかりとした対応をしていきたい」と述べた。

二管本部は、同様のイベントを続けたいとしている。