ひき逃げ容疑で51歳男を送検 盛岡の交差点

13日の未明、岩手・盛岡市中心部で、3人にけがをさせるひき逃げ事件を起こし逮捕された男の身柄が、盛岡地方検察庁に送られた。

送検されたのは、盛岡市津志田南の無職・堂下就二容疑者(51)。

警察によると、堂下容疑者は13日午前1時すぎ、盛岡市菜園の十字路交差点で、左から来た乗用車と出会い頭に衝突し、女性3人にけがを負わせ、その場を立ち去った疑いが持たれている。

堂下容疑者は、現場近くで信号を無視して警察に追跡され、信号が赤だった交差点に進入し、事故を起こしたという。

事件発生からおよそ9時間後、堂下容疑者は市内にいるところを発見され、逮捕された。

警察の調べに対し、容疑を認めているという。