出演者が舞台挨拶 観客を魅了 映画「カメラを止めるな!」

福島テレビ カテゴリ:地域

全国で注目を集めている映画の話題。

福島市では10日、出演者による舞台あいさつが行われ、多くの観客を魅了した。

新人監督がメガホンを握り、オーディションで選ばれた無名の俳優陣が出演する映画「カメラを止めるな!」。

ゾンビ映画を撮影する撮影隊の物語は、ホラー? コメディー?。

緻密な脚本と37分にわたるワンシーン・ワンカットの映像が、話題を呼んでいる。

10日は、出演者のしゅはま はるみさんと山崎 俊太郎さんが舞台あいさつに登場。

しゅはまさんは母親が石川町出身、山崎さんは福島東高校出身で、県内での上映に特別な思いを抱いている。

しゅはまさんは、「まさか地元福島で見てもらえることができるとは、本当に本当にうれしい、うれしすぎます」と話した。

作品の魅力や撮影の裏話など、笑いを交えて披露した2人。

映画だけでなく、トークでも訪れた観客を魅了していた。

訪れた人は、「低予算だからアイデアしかない。でもそのアイデアが素晴らしいと思いました。傑作だと思います」と話した。

映画「カメラを止めるな!」は、10日から県内2つの映画館で公開されている。