帰省ラッシュがピーク迎える 東北道で30km超の渋滞も

福島テレビ カテゴリ:地域

お盆をふるさとなどで過ごす人たちの帰省ラッシュが、ピークを迎えている。

家族連れでにぎわう、JR福島駅の新幹線ホーム。

女の子は、「(おじいちゃんとおばあちゃんと何して遊びたい?)おにごっこです」と話した。

改札口では、孫との半年ぶりの再会を喜ぶ場面も見られた。

孫と再会したおじいちゃんは、「かわいくて仕方ないです。食事をしたり、アンパンマンミュージアムに行ったりしたい」と話した。

JR東日本によると、東北新幹線の下りの混雑は、11日がピークで、指定席は、終日ほぼ満席となっている。

日本道路交通情報センターによると、県内の東北自動車道は、正午すぎに下り線で本宮インターチェンジ付近を先頭に32kmの渋滞が発生。

渋滞は、徐々に解消に向かっているが、午後5時現在、本宮インターチェンジ付近を先頭に20km、須賀川インターチェンジ付近を先頭に14kmの渋滞が発生していて、下り線の混雑は12日も続くとみられる。