トリチウム水に関する「公聴会」とは...

福島テレビ カテゴリ:地域

「公聴会」についてくわしくみていく。

開催の目的は、トリチウム水の処分方法に対する意見や、処分にともなって想定される風評などについて、意見を聞くこと。

日程は、8月30日に福島・富岡町で、31日の午前中に郡山市、午後に東京で開かれる。

この時、小委員会側は、トリチウム水の保管場所が不足する見通しなどを示したうえで、処分の必要性や、薄めて海に放出するなど、候補になっている5つの処分方法について説明を行う。

公聴会で意見を発表するのは、各会場とも10~15人となる予定で、自治体や民間企業などの代表者や、一般からの希望者を募集するという。