選手に好評だった料理を提供 サッカー日本代表の専属シェフ

福島テレビ カテゴリ:地域

FIFAワールドカップで西野ジャパンの躍進を支えた専属シェフ。

選手に好評だった料理を楽しめるレストランが、期間限定でオープンした。

いわきFCのクラブハウスにオープンした「NISHI's KITCHEN スパシーバ」。

料理を提供する西 芳照さんは、サッカー日本代表の専属シェフとして、ロシアに帯同した。

乾選手イチオシの「明太子クリームパスタ」に、原口選手お気に入りの「トマトパスタ」。

そして、試合後に必ず食べる「カレー」など、代表選手に好評だった5つの料理を味わうことができる。

西さんは「選手の皆さんはどうしても、お肉、お肉が食べたいと言いますので、大き目のお肉をカットして、カレーに使っています」と話した。

13日は、オープンと同時にいわきFCのサポーターなどが訪れ、西野ジャパンの躍進を支えた料理を味わった。

訪れた人は「試合が終わったあとに選手が食べているカレー。疲れた体に優しい...とてもおいしいです」と話した。

全てのメニューにつくロシアの家庭料理「ボルシチ」は、大会期間中に現地のシェフに教わって、西さんのレパートリーに新たに加わった。

西さんは「ロシア語でありがとうという意味の『スパシーバ』も(店名に)入っていますから。ちょっとロシア気分を味わっていただけたら」、「これからも、サッカーを通じて、少しでも幸せになれるような料理を提供していきたいと思います」と話した。

サッカー日本代表を応援してくれたみんなに感謝を込めて、西さんの期間限定レストランは、8月31日まで営業している。