軽乗用車にはねられ男性死亡 北上市の横断歩道

13日朝、岩手・北上市の市道で、横断歩道を渡っていた65歳の男性が、軽乗用車にはねられ亡くなった。

午前8時半すぎ、北上市村崎野の市道で、近くに住む会社員・今村淳一さんが横断歩道を渡っている途中、左からきた軽乗用車にはねられた。

この事故で、今村さんは全身を強く打ち、病院に運ばれたが、およそ1時間後に亡くなった。

今村さんは、出勤する途中だったという。

現場は、片側1車線の見通しの良い直線道路で、普段から交通量が多いという。

また横断歩道には、押しボタン式の歩行者用の信号が設置されていた。

警察は、軽乗用車を運転していた女性から話を聴いて、事故の原因をくわしく調べている。