広瀬川の生物を調べてみよう 小学生が観察会

仙台放送 カテゴリ:地域

宮城・仙台市を流れる広瀬川にはどんな生物がいるのか、13日、小学生が観察会を行った。

この観察会は、仙台河川国道事務所が、子どもたちに川に親しんでもらおうと、毎年行っているもので、13日は、仙台市立八本松小学校の5年生、52人が参加した。

子どもたちは、川の水の冷たさに驚きながらも、水辺にどんな生き物がいるかを調べていた。

13日は、きれいな水にしか生息しないといわれるサワガニや、カゲロウなどが見つかり、子どもたちは喜んでいた。

女の子は「広瀬川の虫がいっぱいいて、楽しいです」と話した。

この観察会は、7月25日にも行われる。