第2原発“廃炉の方向で検討” 東京電力・小早川社長が明言

福島テレビ 地域

東京電力の小早川 智明社長は福島第2原発について、廃炉の方向で検討することを明らかにした。

東京電力の小早川社長は14日、福島県の内堀雅雄知事を訪問した。

この中で小早川社長は、これまで、今後の扱いについて方針を示してこなかった福島第2原発について、考えを示した。

東京電力・小早川社長は「福島第2原子力発電所を全号機廃炉の方向で、具体的に検討に入ってまいりたい」と話し、福島第2原発にある4つの原子炉を、全て廃炉にする方向で検討する考えを示した。

これに対し内堀知事は、確実な第2原発の廃炉を求めた。

内堀知事は「結果として、形として、全基廃炉を実現していただくよう、あらためて要請をいたします」と述べた。

東日本大震災後、福島第2原発をめぐっては、福島県などが東京電力や国に全基廃炉を求めていた。