福島県クレー射撃協会 選手強化費 約500万円を不正受給

福島テレビ 地域

福島県クレー射撃協会が、選手の強化費およそ500万円を、県の体育協会から不正に受給していたことがわかった。

県体育協会によると、県クレー射撃協会は2013年から2017年までの5年間に領収書を偽造するなど、うその請求書を提出し、選手の育成を目的とした補助金、およそ500万円を不正に受給していたという。

不正受給は会員からの指摘を受けた、県体育協会の調査で発覚したもので、県クレー射撃協会の高橋信次会長は「申し訳ありませんでした」と事実関係を認めているという。

県体育協会では、今後、補助金の返還や強化費の支給停止などを検討している。