強制わいせつ致傷容疑で33歳男逮捕

仙台放送 地域

2016年10月、宮城・角田市で自転車に乗っていた10代の女性を押し倒して、軽傷を負わせたうえ、わいせつな行為をしたとして、大河原町の33歳の男が逮捕された。

強制わいせつ致傷の疑いで逮捕されたのは、大河原町大谷の無職・後藤真一容疑者(33)。

警察によると、後藤容疑者は2016年10月、角田市の歩道で帰宅途中だった10代の女性を自転車から転倒させて軽傷を負わせたうえ、わいせつな行為をした疑いが持たれている。

後藤容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めている。

後藤容疑者はこれまで、強盗・強制性交や強制わいせつ致傷などの疑いで、4回逮捕されている。