乃木坂46 齋藤飛鳥「踏み出す一歩が誰かの希望になる」献血呼びかけ自撮り動画に挑戦

  • 齋藤飛鳥・梅澤美波・久保史緒里・遠藤さくら・賀喜遥香が献血PRイベントに登場
  • 直筆メッセージや自撮り動画で献血の大切さを訴えた
  • 齋藤飛鳥「自分ひとりでも必ず何か役に立てる」

直筆メッセージで若者に献血をPR

日本赤十字社の「はたちの献血」キャンペーンPRイベントが、1月27日に東京・高輪で行われ、キャンペーンキャラクターを務める乃木坂46の齋藤飛鳥(21)さん、梅澤美波(21)さん、久保史緒里(18)さん、遠藤さくら(18)さん、賀喜遥香(18)さんが出席した。

献血の大切さを若い人にも知ってもらえるよう、乃木坂メンバーはキャンペーンフラッグに直筆のメッセージを添えたり…

自撮り動画を撮影。

そして、最後に齋藤飛鳥さんは…

齋藤飛鳥:

「他の誰かがやってくれるからいいや」という気持ちではなくて、自分ひとりでも必ず何か役に立てるということをみなさんに知っていただけたら、すごくうれしく思います

齋藤飛鳥:
まずは一歩踏み出して、献血会場に行っていただけたらうれしいので、その一歩が誰かの希望になると信じて、みなさんも協力していただけたらいいなと思っています

乃木坂メンバー5人が60秒の動画撮影に挑戦

献血の大切さや2020年に挑戦したいことを語った自撮り動画は、「はたちの献血」YouTubeアカウントに1ヵ月限定で公開され、乃木坂メンバー直筆のキャンペーンフラッグは全国の献血センターをまわるという。

(「めざましテレビ」1月28日放送分より)

めざましテレビの他の記事