研究者も驚き! 希少な魚「クチバシカジカ」が役場の水槽で産卵【宮城発】

カテゴリ:国内

  • 女川湾と志津川湾の一部に生息する希少な魚「クチバシカジカ」
  • 南三陸町役場で飼育のクチバシカジカが水槽で産卵
  • 研究者「メスもオスも気に入った場所じゃないと産卵してくれない」

希少な魚「クチバシカジカ」

体長5cmほどの小さな魚、クチバシカジカ
国内では、女川湾と志津川湾の一部だけに生息する希少な魚。

南三陸町役場の交流スペースの水槽ではクチバシカジカが飼育されている。

役場の水槽で産卵

南三陸町役場で飼育されているクチバシカジカが卵を産んだ。水槽の中で産卵するのは、とても珍しいことだという。
フジツボの中に隠れるようにある白っぽいものが、クチバシカジカの卵。

とがった口で、卵に近づくのはオス。
クチバシカジカはオスが子育てをする習性がある。卵に新鮮な水を吹きかけて世話をする、けなげな様子…。

産卵には研究者もびっくり

このオスとメスは、南三陸町でクチバシカジカなどの研究をする阿部拓三さんが、2019年12月、志津川湾で調査中に見つけたもので、2020年1月6日、およそ300個の卵を産みつけているのを確認した。

阿部さんも、クチバシカジカの産卵を確認するのは十数年ぶりだと驚いている。

南三陸町自然環境活用センター・阿部拓三研究員:
オスとメスの相性がぴったり合わないといけないのと、メスもオスも気に入った場所じゃないと産卵してくれない。非常に難しい条件なので、わたしもとても驚いていますし、うれしく思います

クチバシカジカとその卵は、1月中は、このまま展示し、その後、研究施設に移す予定。

(仙台放送)

【関連記事:日本各地の気になる話題はコチラ】

FNNピックアップの他の記事