無期懲役の判決直後「控訴しません。万歳三唱します」と叫ぶ小島一朗被告(23)…なぜ無期懲役なのか? 司法の限界は?

カテゴリ:国内

  • 殺人罪などに問われている小島一朗被告に、12月18日に無期懲役の判決が言い渡された
  • この裁判では、小島被告自身が無期懲役を望む異例の裁判で、判決の行方が注目される
  • 無期懲役を言い渡された後、小島被告は大きな声で「万歳三唱」をしたという…

小島被告「もし有期刑になれば、出所してまた必ず人を殺します」

2018年6月、神奈川県を走行中のJR東海道新幹線内で、男女3人を殺傷したとして、殺人罪などに問われた小島一朗被告(23)の裁判員裁判の判決公判が、12月18日に横浜地裁小田原支部であった。

小島被告はこれまでに

「私は無期懲役刑になるために無差別殺人をしました」

「もし有期刑になれば、出所してまた必ず人を殺します」

などと宣言。被告自身が望む“無期懲役”という判決が言い渡されるのか、注目が集まっていた。

「直撃LIVEグッディ!」では、公判の様子を中継を交えて伝えた。

3人殺傷の小島被告に無期懲役の理由とは?

広瀬修一フィールドキャスター:
たった今判決が言い渡されました。無期懲役です。判決が言い渡された瞬間、小島被告に様子の変化はありませんでした。
きょう小島被告は入廷時に、かなり高いトーンで「失礼しまーす」とあいさつをして、きょろきょろした仕草を見せていました。これまでどおり緊張した様子はなく、さも学校や会社などに登校・出勤して挨拶するかのような、そんな雰囲気さえも感じられる様子でした。
そして判決を言い渡される際、「被告人、前へ。証言台に座ってください」と言われた時には、「はい」と返事をし「座りまーす」と、これもまたかなり明るいトーンで言った後、ドンと勢いよく証言台の椅子に座りました。

安藤優子キャスター:
西川さん、結局無期懲役の判決で、被告自身は控訴しないと明言しているわけですから、これで刑は確定になる可能性が高いということですよね。

西川研一弁護士:
おそらく確定すると思います。やはり被害者の数や前科・前歴の問題、そして被告人がまだ若年であるというところ。今の時点では「有期刑になったら出所して人を殺す」と言っていますが、そこがまだ若いからこそ、今後変わっていく可能性があるということを踏まえての判決内容なのかと思います。


安藤優子キャスター:
更生をする、その前提には自分が犯したことが一体なんなのかという気付きが必要だと思います。それがなければ、更生はあり得ないんじゃないかと思うんですが…。

広瀬修一フィールドキャスター:
判決公判は先ほど閉廷しました。判決を言い渡された後、小島被告は驚きの行動に出ました。その様子を見ていた川田記者に伝えてもらいます。

川田梨江子記者:
裁判長から「被告人は元の席に戻るように」と促されたんですが、被告人は証言台の前で立ち上がり、「控訴しません。万歳三唱します」と言った後、そのまま大きな声で両手を上げて万歳三唱を繰り返しました。

川田梨江子記者:
そのあと被告人は弁護人の横の席に戻り、退廷する際には裁判長の方に「ありがとうございました」と言ってから退廷しました。

広瀬修一フィールドキャスター:
判決の理由、無期懲役という量刑についてお願いします。

川田梨江子記者:
判決理由について裁判長は、「小島被告は強固な殺意に基づき残忍で悪質な犯行、亡くなった梅田さんに対しては執拗かつ凄惨な犯行で残虐極まりない。結果は甚大だ」と言いました。
ただ「死刑に処するまでとは言えない」ということで、「無期に処して服役の日々を送らせて、受刑の現実に直面させることが相当である」と述べました。

安藤優子「もう少し厳しく罰するべきなんじゃないか」

広瀬修一フィールドキャスター:
本人が無期懲役を望んでいたという側面がある中で今回の判決だったわけですが、きょう傍聴してみても、被告人が反省をしている色は最後の万歳三唱も含めて、正直見られないという印象でした。

安藤優子キャスター:
万歳三唱をした時に、裁判長も含めてどなたかいさめるということはなかったんでしょうか。

川田梨江子記者:
裁判長は被告人に対して止めるように言ったんですが、被告人はそのままその場で、両手を大きく上げました。私は真後ろに座っていたので表情などを見ることはできなかったんですが、一切躊躇することなく万歳三唱を大きな声でしていました。

安藤優子キャスター:
西川さん、ちょっとびっくりしたんですが、万歳三唱してのけたという…

西川研一弁護士:
そうですね…。非常に異様な光景だったでしょうし、通常そういったことをする被告人は見たことも聞いたこともないですね。

安藤優子キャスター:
人の命を奪ったことについて全く言及がないわけですよね、この小島被告というのは。つまり自分が犯した行為についてなんの気付きもないっていうことに対して、私はもう少し厳しく罰するべきなんじゃないかと思うんですけどね…。

西川研一弁護士:
非常に悩ましいところだと思います。裁判長の言葉にもあったようですが、受刑の現実に向き合わせる、その中で本人の半生を引き出すというところに、ある意味一縷の望みをかけたという内容なのかなと思います。

長谷川聖子(メディアプロデューサー):
万歳三唱をしたと聞いて、被害者の方や亡くなられた方のご遺族の心情を思ったら…本当に許せません。こんな事件は二度と起きてほしくないし、とにかくこの判決で、ご遺族の方もそうですし、我々も納得がいくかと言ったら、これはあり得ないかなって私は思いました。

カンニング竹山:
僕の個人的な考えですけど、横浜地裁小田原支部のプロの裁判官の人たちは間違った判断をしたと思います。

安藤優子キャスター:
この判決では、誰の心情も救われないですよね…。西川さん、どうしても被害者の方々を救済することはできないんでしょうか。

西川研一弁護士:
本当の意味での被害者救済ということをしっかり考えていく必要があると思います。今もけがをされた被害者の方々はPTSDなど後遺障害で苦しんでおられるという話も裁判の中で出てきています。そういったところに対して、我々社会や国、行政として何かできないのかと手を差し伸べていくことは非常に大事だと思います。
ただそのことと、小島被告にどんな処罰を与えるべきかということは、ある程度は切り離して考える必要があるのかなと思います。

安藤優子キャスター:
受刑者としてどういう現実と向き合っていくのか。私たちには万歳三唱のショックがあまりにも大きすぎて見えてこないんですが…、小島一朗被告に対しては無期懲役の判決が下りました。

(「直撃LIVE グッディ!」12月18日放送分より)

グッディ!の他の記事