「ハキハキしていて家族思い…」元バイト先の店長が語る東久留米男性殺害事件・三ツ本容疑者の素顔

カテゴリ:国内

  • 「グッディ!」取材で分かった三ツ本寛己容疑者の素顔とは
  • 「焼き切り」を検索 探偵事務所で働くほど“調査に興味”があったのか?
  • 妹の送り迎えを熱心にしていたという、家族思いの一面も

母親の内縁の夫を70カ所以上刺して殺害に及ぶ

12月2日、強盗殺人の疑いで逮捕された三ツ本寛己容疑者(28)。

11月8日、東京・東久留米市の住宅で、自身の母親の内縁の夫・二岡一浩さん(55)を刃物で70カ所以上も刺し、殺害した疑いが持たれている。

事件のあった家では、窓を火で熱して割る“焼き切り”という手口を使ったり、室内を物色するなど、強盗を装った“偽装工作”とも思える行為の数々が見つかっている。

三ツ本容疑者はどうやって、偽装工作の手口を知ったのか?
「直撃LIVEグッディ!」の独自取材で一つの可能性が浮かび上がった。それは…

“調査”に興味? かつては探偵事務所に勤務

「グッディ!」は、かつて三ツ本容疑者が働いていたアルバイト先の店長を取材。アルバイトとして勤務する前、2015年ごろから半年ほどの間、三ツ本容疑者は探偵事務所で働いていたという。

元アルバイト先の店長:
やっぱり調査することに興味があったので(探偵事務所に)入ったみたいなことはちらっと言っていました。

その後、給料の未払いがあり探偵事務所を辞めたという三ツ本容疑者。その後、務めたアルバイト先も「就職活動をするため」2018年4月に辞めた。

「グッディ!」は、事件の約1カ月前に三ツ本容疑者が訪れたという近所の寿司店へ。その時の三ツ本容疑者の様子を、店主はこう振り返った。

寿司店の店主:
彼は「お母さんが仕事しろって怒るんですよ。だから母親に『探偵の仕事をしている』と伝えたら、『どんな仕事でもいいんじゃない?』って言ってくれた」とうれしそうに話していました。

母親に仕事をするよう咎められた際に、探偵の仕事をしていると話していたという。バイトを辞め、再び探偵の仕事をしていたということなのだろうか?

<三ツ本容疑者とは…>
元バイト先の店長への取材より・・・

・学生時代サービスや接客業の専門学校に進学
・約5年前、事件現場となった東久留米の家に家族で引っ越す
・その後、探偵業やアルバイトを転々
・2018年2月、母親に促され1人暮らしを始める

「(妹は)女の子だから、危ないからね」三ツ本容疑者の意外な側面

犯行は、三ツ本容疑者の母親と妹が海外旅行中、二岡さんが自宅に一人でいるときに行われた。元バイト先の店長によると、普段から母親と妹を思いやっていたという証言も。

アルバイト先の店長:
ここ(バイトの時間)が終わって、多分、妹さんの送り迎えがあるので、そっちを重点的にというか、よくやっていた。多分(妹は)3つ4つくらい下かな。妹さんとよく出かけるの?って聞いたら、「出かけないけど(妹が)お友達と出かけるから送り迎えで」とか。優しいんだねって言ったら「(妹は)女の子だから、危ないからね」って。

三ツ本容疑者は夜10時から午前6時のアルバイトを終えた後、妹の送り迎えを熱心にしていたという。家族思いの顔をのぞかせる一方で…

アルバイト先の関係者:
お母さんと妹さんの話はよくしていましたけど、お父さん(二岡さん)の話は出たことがないですね。

家族の話をよくするものの、母親の内縁の夫である二岡さんについての話はしなかったという三ツ本容疑者。犯罪心理学者の出口保行氏は…

犯罪心理学者・出口保行氏:
この家では、殺害された二岡さんが容疑者の家族の中に入ってきたということですよね。家族の中の力関係であったり家族間のバランスというのが、ずいぶん変わったんじゃないかと。二岡さんが入ってきたことで(家族の)注意・関心の対象が自分(容疑者)だけじゃなくなったと。

二岡さんが三ツ本容疑者の家族の中に入ってきたことでバランスが崩れ、いわば容疑者から見ると、家族を取られたという状況になっていたのではないかと指摘する。

これまでの調べに対し、容疑を否認している三ツ本容疑者。しかし、逮捕前の任意での事情聴取では「二岡さんに恨みがあった」という趣旨の話をしていたという。

木下康太郎フィールドキャスター:
元アルバイト先の店長さんは、三ツ本容疑者の仕事ぶりについて「明るくて元気だしハキハキしている。自分から率先して仕事をするし(接客業に)向いているいい人」だと話していました。三ツ本容疑者は「調査することが好き」と話していたということですが、事件についても三ツ本容疑者の計画性がうかがえます。

<三ツ本容疑者の計画性>
・“焼き切り”をスマートフォンで検索していた
・母と妹が旅行中に犯行に及んだ ⇒偶然ではなく、この日を選んだ可能性も?
・引き出しが開けられるなど、部屋を物色した跡

木下康太郎フィールドキャスター:
いろいろと調べて計画を立てたように思えるところもありますよね。母親と妹が旅行中を犯行日にしたのも、今回の事件に関与してほしくなかったと、2人がいる日をあえて避けたようにも感じます。

(「直撃LIVE グッディ!」12月4日放送分より)

グッディ!の他の記事