【独自】首を1分以上絞め部屋に引きずり込み…バリ島・日本人女性襲撃事件の一部始終を記録した映像を入手

カテゴリ:国内

  • バリ島で25日朝、日本人女性が金品を強奪され、アパート2階から転落
  • FNNは、女性が襲われた瞬間を捉えた防犯映像を独自入手
  • 男が女性の首を絞め、部屋に引きずり込むという卑劣な犯行が明らかに

インドネシア・バリ島南部のデンパサールで25日、38歳の日本人女性を襲い、現金や所持品を奪ったとして、同国人のファフルッディーン容疑者(38)が逮捕された。

FNNは、女性が襲われた瞬間を捉えた防犯映像を独自入手。そこには、女性への卑劣な犯行の一部始終が記録されていた。

防犯カメラ映像が記録した卑劣な犯行…

25日朝、1階の防犯カメラ映像が捉えたのは、女性の滞在するアパートに入ってきたファフルッディーン容疑者とみられる男の姿。

男の侵入直後、子どもを学校に送り届けた被害女性も帰宅する。

続けて、2階の防犯カメラ映像には、前を歩く男が、女性の部屋とは逆の方向へと向かう様子が映し出されている。

女性は不審に感じたのか、辺りを見回し、警戒する様子をみせる一方、男は後を追うようについてくる。女性は部屋の鍵を開けようとせず、男が立ち去るのを待つ素振りを見せた。

すると、男はいったんその近くを離れ、廊下の死角となる場所に姿を隠す。

そして、女性が部屋の鍵を開けようとした瞬間、足早に近づき、相手を急襲。

1分以上首を絞められ、女性が意識を失ってしまうと、男は扉の鍵を開け、その体を部屋の中へ引きずり込んだ。

この後、女性は2階の部屋から転落し、頸椎にひびが入る重傷を負っている。

逮捕の容疑者は強奪認めるも、一部犯行を否定

後に逮捕された際、ファフルッディーン容疑者の持ち物からは、女性から奪ったとみられる日本円などが見つかった。

取り調べに対し、ファフルッディーン容疑者は「女性の後をつけて部屋の前で殴ったり首を絞めた。抵抗して逃げた女性は自分で部屋の窓から飛び降りた」と供述。金品の強奪を認めた一方で、女性の転落への関与を否定。

ファフルッディーン容疑者はこの後、ジャカルタから飛行機でバリ島に移送され、地元警察の取り調べを受ける見通しだ。

(Live News it! 11月27日放送分)

Live News it!の他の記事