警察の捜査はなぜ後手に回ったのか?130時間に及んだ小6女児の誘拐監禁事件

カテゴリ:国内

  • 大阪市の小6女児が誘拐された事件で栃木県在住の35歳男性が逮捕された
  • 男性は女児を精神的に追いつめ、その監禁生活は130時間にも及んだ
  • 女児が「家出人」という思い込みから捜査が後手に回ったのではないか

大阪府大阪市の小6女児が誘拐された事件で、25日、伊藤仁士容疑者(35)が未成年者誘拐と監禁の疑いで送検された。捜査が進むにつれ、130時間に及んだ恐怖の監禁生活の実態が明らかとなってきている。

女児を精神的に追い詰める悪質な手口が判明

伊藤容疑者は女児とSNSを通して知り合い、「半年前に来た女の子がいる。しゃべり相手になってほしい。うちに来ない?」という誘いのメッセージを送っていたという。

こうして11月17日、女児を大阪市にある自宅近くの公園に誘い出し、およそ430キロ離れた栃木県小山市の自分の家まで在来線を乗り継いで連れ去ったとみられている。

女児は、伊藤容疑者が住む2階建て5LDKの自宅内で、家にいた15歳の少女とともに1階の和室で寝起きする生活を送っていたという。

女児は監禁生活中、身体を拘束されることはなかった。しかし女児の証言から、逃げることができないよう、精神的に追い詰める悪質な手口が判明している。

伊藤容疑者は、女の子が外出できないように靴を隠し、次いで外部へのSOSや位置情報を把握されることを恐れたのか、女の子のスマートフォンを取り上げて、SIMカードを抜いたという。

さらに、女児は「銃弾のようなものを見せられて怖かった」とも証言。その言葉を裏付けるように、家宅捜索では、女児に見せたとみられる“銃弾のようなもの”が複数見つかっている。

交番まで10分の距離を女児は3時間半かけて歩いた…その理由とは?

この緊迫した状況を打開したのは女児の勇気だった。23日午前10時ごろ、女児は伊藤容疑者が寝ている隙をついて逃走。

当時のドライブレコーダーの映像では、冷たい雨の中で傘もささず、足には靴が履いておらず、靴下だけで歩いている女児らしき姿を画面右下に確認できる。女児はこの直後、交番に助けを求めて保護された。

逃亡先の伊藤容疑者の自宅から交番までは直線距離で約750m。歩いて10分ほどの距離だ。

しかし、女児が保護されたのは午後1時と、脱出から3時間半も後となった。

女児を発見した男性は、「同じところをぐるぐる回っている。何回も見かけるのと、周りをうかがうような仕草というのがあったんで、『この子は何なんだろうな?』と、当時を振り返る。女児にとっては見知らぬ土地であることに加え、伊藤容疑者にいきなり連れ去られたことから、警察以外の人に助けを求めることをためらったものとみられている。

伊藤容疑者は警察の調べに対し、「公開捜査になっていることは知っていた。誘拐しようとしたわけじゃない」と供述しているという。

なぜもっと早く見つからなかった…警察が“事件”とみていなかったのでは?

佐々木恭子アナウンサー:
まず捜査の手がかりとして考えられるのは防犯カメラですよね。今回は大阪市の公園から栃木県の監禁場所まで430kmを移動しています。およそ13時間半かけて、しかもすべて在来線のみで移動しています。駅には防犯カメラが数え切れないほどあるはずです。

安宅晃樹フィールドキャスター:
伊藤容疑者と女の子が最後に降りた小田林駅です。駅員のいない無人駅になっています。ただ、駅の入り口にはこのように防犯カメラが設置してあります。そのため、ここを通って出た場合、必ず防犯カメラに映ってしまうものとみられます。

フジテレビ社会部 平松秀敏デスク:
最新の防犯カメラの捜査って本当に進歩しているんですよね。しかも、駅だとか電車が絡むと、本当にスムーズに追跡捜査できるんです。ところが、今回はできてないですよね。なぜか。警察には、当初からこの女の子が「行方不明者」だとか、あとは「家出人」ではないかという思い込みがあって、防カメ捜査が後手後手に回った恐れがあるんです。

加藤綾子キャスター:
事件での捜査をしていなかったっということですね。

フジテレビ社会部 平松秀敏デスク:
事件を想定すると組織もまた変わってくるんです。だから、もっとスピーディに後を追えたはずなんですね。

パトリック・ハーラン:
もちろん、当局の捜査をもう少し積極的にやってほしいなとは思いますけど、同時に周りの皆さんも声をかけてあげる勇気、もしくは逃げ出す勇気は素晴らしいですけど、少女も交番にたどり着く前に周囲の誰かに声をかける。(そうすれば)3時間半の怖い時間を過ごさなくて済んだかもしれない。

(「Live News it!」11月25日放送分より)

Live News it!の他の記事