新潟・20歳女性刺殺の指名手配の男を逮捕 犯行前後の“ドラレコ映像”を独自入手

カテゴリ:国内

  • 新潟・20歳女性刺殺の指名手配の男を逮捕
  • 犯行前後の“ドラレコ映像”を独自入手
  • 容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという

新潟・20歳女性刺殺の指名手配の男を逮捕

11月15日に新潟市の繁華街で、20歳の女性を刃物で殺害した疑いで指名手配されていた齋藤涼介容疑者25歳が新潟市内で逮捕された。その容疑者の犯行前後の様子をドライブレコーダーが記録していた。

記者:
齋藤容疑者の姿が見えました。警察署の裏口に停めた車から警察署の中へと入っていきました。

18日午後1時半前、新潟市南区のコンビニを利用した男が齋藤容疑者に似ているとの通報があり、午後2時半すぎに逮捕された。
女性が何度も刺され殺害されるという凄惨な事件が起きたのは先週15日午後9時前。現場はJR新潟駅近くの繁華街にあるビルだった。

同じビルに勤務する人:
(男性の)ものすごい怒鳴り声がして、女性のキャーという悲鳴が聞こえた後で倒れこむような音がした。

襲われたのは飲食店従業員の石澤結月さん20歳。
刺された傷の中には内臓に達する深さのものもあり、死因は失血死だった。

犯行前後の“ドラレコ映像”を独自入手

フジテレビが独自に入手したタクシーのドライブレコーダーには事件発生前後とみられる緊迫した様子が記録されていた。
午後8時49分タクシーは現場となったビルの目の前に停車中。
それから約6分後、前方のカメラがビルに向かう透明の傘にベージュのコートを着た女性の姿をとらえる。

同じ頃後方を映すカメラには、道路の反対側から走ってビルへと向かう人物の姿が…。

実は現場付近では事件のおよそ3時間前から齋藤容疑者とみられる男が目撃されていた。

容疑者らしき男の目撃者:
ビルの真向かいの段差のところに座っている人がいて、ビルを見ながらボーっとしているようでした。

ドライブレコーダーに映っていたこの人物はベージュのコートを着た女性がビルに入ったわずか8秒後に同じビルへ。
その直後に女性の叫び声が響いた。それから約1分後、バッグを提げ走り去っていく人物の姿が確認できる。

捜査関係者によると齋藤容疑者と石澤さんはオンラインゲームを通じて知り合ったという。
その2人の間にいったい何があったのだろうか。

齋藤容疑者を知る高校時代の同級生は…

容疑者の同級生:
印象はカッとしちゃうタイプ。手を出して謹慎になったりとかしてました。

容疑者の母親が事件前日に警察に相談も…

齋藤容疑者の母親は事件前日の朝、警察に出向き斉藤容疑者が漏らした次の言葉について相談していた。
「彼女を傷つけてしまいそう。彼女を傷つけて俺も死にそう」

相談を受けた警察は齋藤容疑者と会わせてほしいと要請。しかし母親は「まずは家族で話を聞きたいので少し待って」と答えたという。その後も齋藤容疑者に会わせてほしいと数回にわたり要請したものの、面会は実現しないまま事件が起きてしまった。

逮捕され齋藤容疑者は特に暴れる様子などはなかったという。
調べに対し齋藤容疑者は「間違いありません」などと話し殺人の容疑を認めているという。

(Live News it! 11月18日放送分より)

Live News it!の他の記事