【独自入手】徐々に近づき…防犯カメラがとらえた犯行直前の14歳少年 小6女児切りつけ

カテゴリ:国内

  • 小学生の女児を刃物で切りつけたとして、14歳少年が殺人未遂の疑いで逮捕
  • 教育委員会は少年に関し、「大きな事案等起こしたことのない生徒」と証言
  • 逮捕の少年は「しばらく前から人を殺したかった。誰でもよかった」と供述

小学6年生の女児に全治3週間のケガ、14歳の少年を逮捕

11月12日の午後4時40分ごろ、青森県・八戸市で、下校途中だった小学6年生の女児が刃物で切りつけられる事件が発生。女児は首に横10cmほどの傷を負い、全治3週間と診断された。

同日夜、近くの中学生に通う中学2年生、14歳の少年が殺人未遂の容疑で逮捕されている。

安宅晃樹フィールドキャスター:
こちらの閑静な住宅街で小学生の女の子が突然切りつけられました。足元を見てみるといまだ血痕が残っています。

事件直前の現場付近を捉えた防犯カメラ映像を独自入手

FNNは事件直前、犯行現場近くで撮影された防犯カメラの映像を独自入手した。

映像内、赤で示されたのが女児、青で示されたのが容疑者の少年とされる。少年は女児の後をつけつつ、ゆっくりと距離を詰めていくように映る。女児は後ろから来る少年に全く気づいていないのか、振り返る様子は見られない。

少年はこの直後、女児に切りつけたとみられている。

近隣住民はFNNの取材に答え、「叫び声は聞こえなかったです」「救急車らしいサイレンの音が聞こえて、近くだったので何事だろうと思って外を見たら、ただ事じゃないなという感じはしましたね」と、犯行当時の模様についてコメント。

女児が襲われた現場は、戸建てが立ち並ぶ住宅街で、周囲には保育園などもあるという。少年は後ろから歩いて女児に近づくと、腕を回すようにしてその喉の辺りを刃物で切り裂き、来た道を歩いて逃げたようだ。

警察は現場周辺の防犯カメラの映像などから、女の子の後をつけた人物を容疑者の少年と特定し、緊急逮捕。少年の自宅からは複数のカッターナイフが押収されている。

「大きな事案等起こしたことのない生徒」との声

13日午後、八戸市教育委員会は記者会見を実施。

伊藤博章教育長は少年について、「(事件当日は)普通に学校に登校して、定刻に下校している」「これまで入学時から昨日まで大きな事案等起こしたことのない生徒で、運動部の活動等にも積極的に取り組んでいる生徒」だと、その人物像を明らかにした。

しかし、少年は取り調べに対して、「しばらく前から人を殺したかった。誰でもよかった」と、無差別な犯行だったことをうかがわせる供述をしている。

「被害に遭った女の子のケアをしっかりと行ってほしい」

安宅晃樹フィールドレポーター:
先ほどまで行われていた教育委員会の会見で、やはり教職員だけでは数に限りがあるので、地域のボランティア、そして警察と連携して児童や生徒たちがより安心して登下校できるような環境を作っていく。そのための巡回や見守りを強化するという話もありました。

安宅晃樹フィールドレポーター:
また、今回の事件を受けて、子どもたちが心に深い傷を負ったということもあって、学校に臨床心理士カウンセラーを招いてそういった心のケアにも努めていく、といった話もありました。
本当に子どもたちが、「これからやっぱり学校に行きたくない。学校から帰るのが怖い」と思うのが一番怖いです。
そういった子どもたちが少しでも元気になるようにと思います。

加藤綾子キャスター:
安宅さんもおっしゃってましたけれども、動機などの究明ももちろんですけれども、被害に遭った女の子のケア、まずはしっかりと行ってほしいと思います。

(「Live News it!」11月13日放送分より)

Live News it!の他の記事