あなた好みの新米は?お米マイスターが銘柄ごとに解説 さらに美味しく食べる裏ワザとは

カテゴリ:国内

  • 11月は新米が市場に出揃う時期
  • お米マイスターが新米の銘柄ごとの味の個性を解説
  • 新米をさらに美味しく食べる方法も紹介

銘柄ごとの味の特徴を解説

都内のスーパーには様々な産地や銘柄の新米が並んでいる。水分が多く、脂分が酸化していないことなどからおいしいと言われる新米。
年内に収穫されたものだけを指し、特に11月は全国の新米が市場に出そろうと言われている。

都内のスーパー50店舗を調査し、売っている銘柄と産地をすべてチェックした。
最も多かったのは産地の数も多いコシヒカリだった。次いで、あきたこまちひとめぼれつやひめななつぼしという順位となった。

聞いたことのある銘柄ばかりだが、それぞれ味の特徴はどう違うのか?
5つ星お米マイスターの市野澤さんに、甘み・香り・粘り・うまみ・弾力の5項目を解説してもらった。
まずは1位のコシヒカリは…

五つ星お米マイスター 市野澤利明氏:
コシヒカリは、香りが一番つよいというイメージです。炊飯した時に、いろんな匂いがあるところでも香りが伝わってくる。
そのような香りが高いお米です。

料理の味に負けないほど香りがあるため、味の濃い洋食によく合うという。

続いて、2位のあきたこまちは、香りの高さと粘りの少なさが特徴だ。

五つ星お米マイスター 市野澤利明氏:
あきたこまちは、つゆをほどよくしみこませて、丼の素材を生かしてくれるというお米です。

一般的にお米の表面は炊くとギザギザになっている。一方、あきたこまちは比較的つるっとしているので、天丼などのたれが浸透しやすいという。

3位のひとめぼれ、4位のつや姫は兄弟品種だ。ただ、ひとめぼれのほうが弾力が高めだという。
5位のななつぼしは、うまみの多さが特徴だ。

そんな中、2019年秋に収穫された新米の中で特に美味しい銘柄があるという…

五つ星お米マイスター 市野澤利明氏:
宮城県産のひとめぼれは生まれて30年たちますが、2019年は風味も高く、甘みも非常に強く表現できたお米に仕上がっていますね。

どんな違いがあるのか、高性能カメラでスゴ撮する。
2018年のお米は、お米ひとつひとつが透き通ってみえているものがほとんどだ。一方、2019年に収穫されたお米は、いくつも白っぽくなっているものがある。2018年より、2019年は白くなっているお米が多めだった。

2019年に収穫されたお米は見た目が悪いようにも見えるが、本当においしいのか?
生産農家に話を聞いてみると…

みやぎ登米農業協同組合鹿野 耕史 副委員長:
平年に比べて香りも強いし、もっちり感が結構あります。日照時間が結構よかったというところで、味もよくなったんじゃないかと思います。

成長のカギを握るのは、収穫前の夏場の天候。
宮城県の8月上旬の日照時間は、2019年は平年より約36時間長くなっている。
猛暑が続くと不作になるそうだが、2019年はほどよい日照時間で甘みや風味が強くでているという。

新米を美味しく食べる方法

さらに、新米をおいしく食べられる方法はあるのか?
家電量販店に行ってオススメの炊飯器を聞いてみると…

ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba家電コンシェルジェ 高澤 浩二さん:
象印の「炎舞炊き」という商品です。

7月に新発売された、象印マホービン「圧力IH炊飯ジャー炎舞炊き」(NW-ES07 10万2370円税込み)。
激しい炎で炊く、かまど炊きを再現している。
新製品は従来品と比べて、お米を炊くとあらゆる方向から対流が発生する。この対流で、お米がかき混ぜられて、より甘みがアップするそうだ。

最新型の炊飯器でなくても、自宅でのちょっとした工夫で新米をさらにおいしく食べる方法もあると専門家は指摘する。

五つ星お米マイスター 澁谷 梨絵さん:
1合のお米に対して、ひとかけらの氷を入れて炊いていただくんです。

5つ星お米マイスターの澁谷梨絵さんオススメの裏技が氷
1合のお米に対して、氷を1つ入れ、水を200ccのメモリに合わせる。3合なら氷は3つ、水の量は計600ccに合わせる。
通常、お米は炊くときに沸騰するまでの時間が長ければ長いほどうまみ成分がアップする。
その特徴を生かし、氷で沸騰までの時間を延ばすことで、ツヤツヤのご飯が炊けるという。

普通に炊いたご飯と氷で炊いたご飯を食べ比べてみると…

井上清華アナウンサー:
やっぱり違いますね。噛んだ時にうま味が口の中に残っているような感じですね。

皆さんも試してみてはいかがだろうか。

おすすめのご飯のお供

そんな新米に欠かせないのがご飯のお供。
700種類以上のご飯のお供を食べたという、おかわりJAPAN主宰・長船邦彦さんの2019年オススメはキッコーマンの「サクサク醤油アーモンド」(787円税別)。香ばしいアーモンドやサクサクのガーリック、タマネギをなたね油としょう油で味付けし、しょうゆの塩気でどんどんご飯がすすむ逸品。もちもちの新米に良く合うという。

(「めざましテレビ」『スゴ撮』11月11日放送分より)

めざましテレビの他の記事