首里城焼失 「泣きながら登校する子どもも…」沖縄県民絶句 観光客にも衝撃

カテゴリ:国内

  • 首里城の火災で沖縄の人々に広がる衝撃・落胆
  • 子どもや観光客も涙
  • 那覇市長は観光への影響も懸念

焼け落ちていく姿を呆然と…

沖縄戦での焼失を経て復元された首里城は、沖縄にとって象徴のような存在で観光客にも人気のスポット。
正殿を含む3棟が全焼、7つの建造物が燃えた火災の衝撃は大きく、悲しみと落胆が広がっている。

「周辺一帯、炎上の恐れがあります。近くにいる皆さんは避難をお願いします」
警察のマイクが響く中、本来は首里城の美しい姿を見ることできる龍潭(りゅうたん)と呼ばれる池の近くには住民などが駆け付けて、呆然と眺めていた。
焼け落ちていく“シンボル”の姿に涙を流す人もいた。

首里城の近くに住む女性は「小さいころから遊んでいた場所で、悲しくて何とも言えない」と言葉を詰まらせた。
交通指導員として18年間、毎朝地元の子どもたちの様子を見守ってきた別の女性は「泣きながら登校する子どももいた。(燃えているのを見るのが)怖くて現場には行けない」と話した。

明日 見学予定だった観光客も

地元新聞は号外を発行。
午前7時半頃、県庁や国際通りすぐ近くの那覇市中心部で通勤途中の人々に配布した。
会社員の女性は「朝から家族でニュースを見ていた。復元までにどれくらいの時間と労力がかかるのか」と肩を落とした。
号外の紙面を手に取った男性は「沖縄を代表する施設がこういうかたちで無くなるのは残念。言葉が出ない…」と絶句。
大分県から観光に来たという女性は「明日首里城に行く予定で楽しみにしていた。沖縄の皆さんの苦しみを思うと涙が出てくる」と話した。

これまでに6000万人が訪れた首里城。
東京オリンピック・パラリンピックの沖縄県内の聖火リレーのスタート地点となっていた。

那覇市の城間幹子市長は緊急の記者会見で「大変衝撃を受けている。歴史的な財産、シンボルを失った。観光に影響する事も非常に大きいと思う」と述べた。

(沖縄テレビ)

【関連記事】2月に復元が完成した矢先の惨事…なぜ、首里城の火災は一気に燃え広がったのか?その原因は?
【関連記事】猛火なぜここまでの被害…崩れ落ちた「首里城」 正殿の消火設備ドレンチャーは作動したのか?
【関連記事】首里城大規模火災 なぜここまで被害が拡大したのか火災の原因は?
【関連記事】「言葉がない」戦争からの復興 沖縄のシンボル首里城炎上
【関連記事】「英知の結集が一瞬のうちに炎に…」琉球王国の象徴、首里城焼失で言葉を失う沖縄の人々
【関連記事】首里城火災に沖縄出身芸能人から悲痛の声 ダチョウ倶楽部・肥後克広「首里城は特別な場所」

【関連記事:日本各地の気になる話題はコチラ】