住民が捕獲! 都内のマンションに「マムシ」出現の謎…原因は台風?

カテゴリ:国内

  • 都内のマンションに“毒ヘビ”が出現
  • 噛まれると命に関わることも…住民自ら捕獲に成功
  • 本来森林などに住むマムシがなぜ都内に…台風が影響の可能性

“毒ヘビ”がマンションに…住民が捕獲の一部始終

10月27日、東京・大田区にあるマンションで発見された、強い毒を持つマムシ
このマムシを巡り、マンションの住民による捕獲劇が繰り広げられた。

午後、マンションの住民が帰宅した際、エントランスの床で動いているところを発見。「マンションにマムシとよく似たヘビがいる」と警察に通報した。

しかし、この通報からおよそ30分後、「エントランスにヘビがいた」と聞きつけたマンションの住民男性が自ら捕獲に乗り出したのだ。

男性が用意したのは、軍手と長い棒状の掃除用具。
噛まれないようにマムシの頭部を押さえつけたり、しっぽを掴むなどしながら袋に入れ、開始からわずか1分半で捕獲に成功した。

マムシを捕獲したマンション住民:
娘が「下にヘビがいる」って言って…これ何、マムシなの?保健所に持っていかないとまずいね。逃げないようにしておけばいいんじゃない?

危険な“毒ヘビ”はどこから?

マムシが生息しているのは、北海道から九州の森林や水田などの水辺付近。
都会のマンションに出現した理由について、専門家は「台風の影響の可能性がある」と指摘している。

日本蛇族学術研究所・堺 淳主任研究員:
(台風)の影響で水が増えたことで、それを避けて逃げてきた可能性もあります。
毒も強いので、きちんと治療しないと重症化、当然亡くなる人もあるわけです。

実は、このマンションの目の前には多摩川があり、台風19号の大雨で川が増水した影響で、マムシが上流から流されてきた可能性があるという。

また、専門家は、マムシと他のヘビの見分け方は難しいので注意が必要だとも指摘。捕獲されたマムシは現在、警察が保管しているという。

(「Live News it!」10月28日放送分より)

Live News it!の他の記事