これで無駄に長い会議がなくなる? “会議の質”を評価できるシステム登場…「評価のポイント」を聞いた

カテゴリ:ビジネス

  • 会議の質を評価できるシステムが登場
  • “会議自体”と“会議参加者”の評価が別々に出る
  • 担当者「会議の時間や行動が守られていれば評価は高くなる」

“会議の質”を評価できるシステムが登場

ダラダラと続いて時間通りに終わらなかったり、長いわりに何も決まらなかったりと、ビジネスパーソンにとって悩みの種である“会議”。
調査会社「パーソル総合研究所」の2018年の調査によると、1万人規模の企業では年間約67万時間、15億円の人件費を会議で無駄にしているという。

こうした中、“会議の質を評価できるシステム”が開発され、11月2日からシステムの提供が始まる。

このシステムを開発したのは、音声認識技術を活用した製品の開発を手がけるアドバンスト・メディア。

11月2日にバージョンアップする、法人向け自動文字起こしアプリ「AmiVoice スーパーミーティングメモ」によって、会議の質の採点が可能になるのだという。

AIを使った音声認識機能がリアルタイムで文字起こしした“文字データ”などを基に、全体の進行や参加者個人の行動を分析。
“必要な資料が共有されているかどうか”、“時間が守れているかどうか”、“発言者の割合”といった複数の観点で意味のある会議だったか、質を評価するのだという。

評価する基準は複数あるというが、どういった場合に評価が高くなるのか?

このシステムを開発した、アドバンスト・メディアの担当者に話を聞いた。

“会議自体”と“会議参加者”の評価が別々に出る

――このアプリは、どのようにして使うものなのか?

PCとスマートデバイス(スマートフォンやタブレット)を使用します。
スマートデバイスは1人1台必要です。

会議の主催者はPCサイトから会議の設定を行い、参加者は、スマートデバイスにIDとパスワードでログインし、設定された会議に参加します。

会議中は、各自のスマートデバイスで音声認識を行い、会議の採点結果はPCサイトで確認できます。

――どのようにして、会議の質を評価する?

「会議自体」の評価と、「参加者個人」の評価は、別々に出します。

「会議自体」は、“事前準備”、“会議中・会議終了後のそれぞれの行動”や“発話”で評価をします。

“事前準備”は、スケジュール管理ができたか、資料を閲覧したか、“会議中”は、時間通りに会議を運営できたか、全員から意見が引き出せたか、“会議終了後”は、誰がいつ何をするのかを決めたか、次回会議の予定を決めたか、などが評価の基準になります。

「参加者個人」は、“会議の発言時間”、“発言回数”、“ポジティブ発言の回数”、“ネガティブ発言の回数”で評価します。

音声認識で、会議での発言はすべて文字化しているため、例えば、「いいですね=ポジティブ」、「できません=ネガティブ」といったイメージで評価をします。

ダラダラした無駄な時間がなくなり、意見が活発化

――どのような場合に評価が高くなり、どのような場合に評価が低くなる?

「会議自体」の評価は時間や行動が守られていれば高くなり、「参加者個人」の評価は発言量、回数などが多い場合に高くなります。

逆に評価が低くなるのは、時間や行動が守られず、発言量、回数などが少ない場合です。

――社内の会議で、このシステムを使ってみた?

はい、使用しました。

ダラダラした無駄な時間がなくなり、意見が活発化しました。
会議後に評価が見えるため、「内容の濃い会議を行う事ができるようになった」「会議の後に何をするのかが明確になったと」いう声がありました。


働き方改革が言われる中、ダラダラと長くなりがちな会議が“見える化”されることは、業務の効率化につながり、個人の評価が出ることで活性化にもなるだろう。
このシステムで質を評価することで、会議自体の問題点をチェックしてみるのもよいのかもしれない。

「変わらなきゃ!働き方改革」特集をすべて見る!

変わらなきゃ!働き方改革の他の記事