【コレ英語で言えますか?】「事実婚」を選んだワケ

カテゴリ:ワールド

あなたにとって「結婚」とは?

時代の移り変わりや働き方改革などにより、日本人の働き方はすっかり変化しましたね。

もちろんそれに伴い、生活にも様々な変化が表れてきています。
その一つが「結婚」。

結婚しない若者が増えたり、結婚をするにしても事実婚であったりと「結婚」への価値観は確実に変わりつつあります。

【記事】出産後にあえて離婚届…ある漫画家が法律婚ではなく “事実婚”を選んだワケ

事実婚って英語でなんて言うの?

ある漫画家が出産後にあえて離婚届…法律婚ではなく“事実婚”を選んだワケ
A comic artist filed for a divorce on purpose after giving birth.
The reason why she chose a“common-law marriage”.


【解説】
ここでは「事実婚」と言う表現に、
common-law marriage (内縁や同棲など、長く付き合っている夫婦同然の関係) を使います。
common law は慣習法を意味します。

他にも、
de facto marriage (事実上の婚姻) でも表現できます。

「内縁の夫」は、
de facto husband や、
common-law husband で表せます。

フランスのPACS (パックス) などの、法的にも婚姻と同様な権利を認められている関係は、
domestic relationship(partnership) といいます。

「婚外子」は、
child born outside of marriage や、
out-of-wedlock child などで表現します。

事実婚であっても生活の内容は法律婚と変わらず

【例文】
事実婚で生まれた子供の出生届を役所に出した。
We filed for the birth certificate of our child born in our common-law marriage.


僕の彼女は、僕の両親の婚外子だった、、、昔のドラマみたいなことがあるかもしれませんね。


それでは次回もお楽しみに。

Good luck!
(連載「コレ英語で言えますか?」第50回 / 毎週土曜更新)

「コレ英語で言えますか?」すべての記事を見る

コレ英語で言えますかの他の記事