「本当の家族になれた」新津ちせ(9)初主演映画で坂井真紀と滝藤賢一を成長に導く!?

  • 注目の子役・新津ちせが初主演映画の公開記念舞台挨拶に登場
  • 愛犬の帰りを待ち続ける少女と息子を失った老人の心の交流を描く
  • 両親を演じた坂井真紀・滝藤賢一と「本当の家族になれた」

演技力と天真爛漫さで注目の新世代子役

音楽ユニット「Foorin」のメンバーとしてもブレイク中の新津ちせちゃん(9)の初主演映画『駅までの道をおしえて』の公開記念舞台挨拶が、10月19日に東京・新宿で行われた。
イベントには、坂井真紀さん(49)、滝藤賢一さん(42)、市毛良枝さん(69)、塩見三省さん(71)ら実力はキャストと橋本直樹監督も登場。

新津ちせ:
こうしてたくさんの方々に見ていただいて、本当にうれしいです

映画は、愛犬の帰りを待ち続けてる少女・サヤカと、先立った息子との再会を願う老人が出会い、心を通わせる物語。

ちせちゃんの両親を演じた坂井真紀さんと滝藤賢一さんは…

坂井真紀:
本当に会った瞬間から家族になれました…?どうだった?

新津ちせ:
なれたと思います

坂井真紀:
お父さんとお母さんとして、私たちを育ててくれましたね

滝藤賢一:
そうですね。また僕らも一歩成長しましたね(笑)

9歳の主演女優は、共演者との絆もしっかりと築いたようだ。

映画『駅までの道をおしえて』は直木賞作家・伊集院静さんの短編が原作で、伊集院静さんの映画化作品は2004年に公開された『機関車先生』以来、15年ぶりとなる。

(「めざましテレビ」10月21日放送分より)

めざましテレビの他の記事