「いじめ防止」教師が同僚を“激辛カレーいじめ” さらに新車の屋根にも

カテゴリ:国内

  • 神戸市の小学校で発覚した同僚教師によるいじめ問題でFNNが映像を入手
  • 新車を蹴ったり、車内で飲み物をわざとこぼしたりする嫌がらせも
  • 加害者の教師は児童に「いじめはやめろ」と言っていた

激辛カレー強要のいじめ動画を入手

神戸市の公立小学校で発覚した同僚教師によるいじめ問題でFNNが映像を入手。
そこには教育者とは思えない卑劣な行為が記録されていた。
嫌がる20代の男性教師が先輩教師に羽交い締めにされている。

Aさんの顔の前には激辛カレー。女性教師がAさんに激辛カレーを無理やり食べさせている。

時期は2018年9月。撮影したのは神戸市の東須磨小学校の教師たち。被害者そして加害者がともに教師といういじめだ。

一方、Aさんが激辛カレーのルーを目や口の周りにつけられ苦しそうにしている画像も。

加害者とされるのは30代の男性教師3人と40代の女性教師1人の4人組だ。

そのうち40代の女性教師は…

40代の女性教師:
ドッキリで激辛カレーを食べさせた。ゲーゲー吐いているのを見るのが楽しかった

こちらの写真には何種類ものカレーをずらりと並べ激辛イジメの準備をしていると思しき様子が収められていた。

新車の屋根に上るいじめも…

またAさんが新車で購入したという白い車。その屋根にはAさんをいじめていた男性教師の姿が…

4人はAさんの車を蹴ったり、車内で飲み物をわざとこぼしたりする嫌がらせを繰り返していた。
関係者によると4人はAさんの指導を担当。いじめが始まったのは遅くとも2018年4月頃からだという。

そのいじめ教師について市の教育委員会は…

神戸市教育員会:
学校の中核をなす教員でございましたので、いわゆる東須磨小学校では中心となる人物であったと聞いております。

小学校では中心的な存在だったという4人。一方で卒業生はこんなことを記憶していた。

小学校の卒業生:
「いじめ防止の講習などにも関わっていた先生だった」「当時先生からいじめはやめろと言われていた」

児童に対していじめ防止を指導していたという男性教師。にもかかわらず、後輩教師のAさんへのいじめはエスカレートした。
「食わんかい。汁まで飲め。これ食わんかったら、お前知らんで」とAさんの目の前に置かれたのは激辛ラーメン
「もう無理です」とAさんが言うと、平手打ちされ、無理やりスープまで飲まされたという。

教師のいじめ 子供に影響は?

国際政治学者・三浦瑠麗氏
4人の加害者がいると報じられているが、4人があからさまにこういう身体的な嫌がらせをしている時にやっぱり周りが気づいていたはずだと思う。気づかないはずがないだろうなと思ってしまう。
しかも実際に発覚してから大きなニュースになるのには時間がかかったわけで「それまで何してたんだろうか」と考えると、実際に子どもに何か問題が起きたときでも、きっとこういう風に問題を抑圧してしまったり、見て見ないふりをするだろうなというふうに思わざるを得ない。

全般的にやっぱりモラルというか道徳意識というのがこの小学校では低かったんだろうなと。

子どもだけでなく教師もいじめの対象になってはいけないが、それがどうして放置されてきたのか、ということを考えると、皆の規範意識がなくて、加害者を野放しにしていた実態が見えてくる。

実際にいじめを悪いことだと、そこまでは思っていなかった、ということが児童に話したというところから明らか。

この4人の異常な教師がこういう凄惨なイジメをしたということで、多くの親はショックを受けると思うが、本質的な問題はどうして学校はそれに対してきちんとしたガバナンスで対処できなかったんだろうかという点だ。

こういう危機が起きた時に、どういう風にガバナンス統治をしていくのかということを日本全体で、もしかしたら埋まっているケースがあるかもしれないという視点で見直したい。

(Live News it! 10月7日放送分より)

Live News it!の他の記事