行方不明の美咲ちゃん新たな動画を公開…大規模捜索打ち切りもボランティアは続行

カテゴリ:国内

  • 山梨県のキャンプ場で小倉美咲ちゃん(7)が行方不明になって2週間以上が経過
  • 有力情報なく、警察は大規模な捜索の打ち切りを発表
  • 引き続き情報提供呼びかけ、ボランティアは捜索を続ける意向

「手がかり全くなし」家族が新たな動画を公開

山梨県・道志村のキャンプ場で9月21日から行方が分からなくなっている、小倉美咲ちゃん(7)。
警察にはこれまで約2000件を超える情報が寄せられているものの、有力なものはなく、行方不明になってから16日目となった10月6日、大規模な捜索活動をいったん打ち切ることが発表された。

そうした中、新たな情報提供を求め、家族が初めて美咲ちゃんの動画を公開した。

美咲ちゃん:
マシュマロ!ドラえもん!うれしい。ありがとうございます。バイバイ、また来てね…あっ、来てください。


マシュマロの入った箱を開け、笑顔を見せる美咲ちゃん。
2019年6月ごろ、母・とも子さんの知人からプレゼントをもらった時に撮影されたものだという。

美咲ちゃんの母・とも子さん:
大変感謝の気持ちと、残念な気持ちであります。親として諦めることはしたくないので、これからも全力で捜索を続けていきたいと思っています。
靴一つも見つからない状態で、手がかりが全くありません。どんな些細なことでも構わないので、少しでも手がかりが欲しいです。

「暖かいうちに捜せたら…」今後の捜索は?

キャンプ場からは捜索活動の本部などが全て撤去された一方で、「美咲ちゃんが山にいる可能性があるのなら」と、ボランティアによる捜索は続行。
ボランティア団体によると、今後も登山や山岳救助などの経験がある人などで美咲ちゃんの捜索を継続するとしている。

捜索に参加したボランティアの男性は「少しでも暖かいうちに捜せたら。なんとか見つかれば」と話した。

また、上級登山インストラクターの栗山祐哉氏は今後「山小屋、登山口、周辺のバス停などに行方不明になった方の写真・情報などが公開され、そういった目撃情報を警察側に集める」ことになる、と話す。

警察は引き続き「山梨・大月警察署(0554-22-0110)」まで美咲ちゃんに関する情報提供を呼びかけている。

(「Live News it!」10月7日放送分より)

Live News it!の他の記事