【独自】内部資料を入手! 習近平指導部“引き締め”の実態

発言や指導理念についての試験も・・・

カテゴリ:ワールド

  • 10月1日は中国建国70周年の記念日「国慶節」
  • 共産党員の勉強会で使用される問題集を入手
  • 党員は問題集の一部を暗記しなければならない

これは、FNNが9月14日に北京市内で捉えた軍事パレードの予行演習の様子だ。

過去最大規模だというこのパレードの本番は10月1日、中国建国70周年の記念日「国慶節」で、習近平指導部はこの日の式典に威信をかけて臨んでいる。
そして武力と同時に力を入れているというある勉強会が・・・。

そこでは、習国家主席の発言や指導理念を徹底するため開催されその内容についての試験も行われているという。
FNNはその問題集として使用されている内部資料を入手した。

共産党員向けの問題集を入手

「永遠に党を裏切らない」
これは中国の中央当局内で行われている勉強会の問題集。

党員は暗記しなければならない部分も

勉強会の対象は共産党員で、テーマは習主席が演説でよく使う「初心を忘れず使命を胸に刻む」

党員らは下線が引かれた箇所を暗記しなければならない。

習主席が就任当初から掲げるスローガン、「中華民族の偉大な復興という中国の夢」も重要なキーワードだ。

体制の引き締めをはかる指導部

最近は、米中貿易摩擦や香港の抗議デモなど習近平指導部が神経を尖らす問題が長期化。
指導部としては国慶節に向け、こうした問題集で習主席の権威をさらに高め、体制の引き締めをはかる狙いある。

(「Live News it!」9月25日放送分より)

Live News daysの他の記事