「やってません、他に犯人いるでしょ」から一転 「本当のお父さんじゃないのに、と言われ…」 小4男児殺害事件で逮捕の義父が語った動機とは

カテゴリ:国内

  • さいたま市の集合住宅で小4男児の遺体が発見された事件
  • 死体遺棄の疑いで義父を逮捕 容疑を認める供述
  • 動機は「本当のお父さんじゃないのに、と言われ腹が立った」

「殺してしまったので隠した」…義父の供述

さいたま市の集合住宅で進藤遼佑くん(9)の遺体が発見され、義理の父親である進藤悠介容疑者(32)が逮捕された事件。
父親が調べに対し「本当のお父さんじゃないのに、と言われ腹が立った」と話していることが新たに分かった。

9月18日未明、自宅向かいのメーターボックスの中で、体育座りの姿勢で発見された遼佑くん。
靴を履かず、頭には英会話塾で使っていたリュックが置かれ、首にはひものようなもので絞められた痕が残っていたという。

19日、死体遺棄の疑いで逮捕された進藤容疑者。
警察の調べに対し、当初は「やってません、他に犯人いるでしょ」と否認していたものの、一転「母親が帰ってくる時間が迫っていたので、メーターボックスの中に放置した」「殺してしまったので見つからないように隠した」などと供述を始め、容疑を認めたという。

取り調べに涙も…逮捕の義父の素顔とは

2018年12月ごろ、さいたま市の集合住宅で遼佑くんと、遼佑くんの母親と暮らし始めた進藤容疑者。
2019年3月に遼佑くんの母親と結婚し、高校の同級生に対して「名字が変わってまだ慣れない」と話していたという。

進藤容疑者の高校時代の同級生:
(進藤容疑者は)男子校で、どんなタイプの人ともある程度仲良くできるような感じの人です。結構おしゃれに気をつかっていて「芸能事務所みたいなところに入りたい」っていう夢を語っていたことはありました。


取り調べの際、涙を流すこともあったという進藤容疑者。
動機について「帽子をなくしたので捜すように注意したら、本当のお父さんじゃないのにと言われ、腹が立った」と供述しているという。

警察は進藤容疑者が遼佑くんの殺害にも関与しているとみて、経緯などについて更に詳しく調べている。

(「Live News it!」9月20日放送分より)

Live News it!の他の記事