松岡茉優・松坂桃李の意外な天才っぷりが判明!子供の頃の夢を語り未来の音楽家にエール

  • 松岡茉優と松坂桃李が天才ピアニストを演じた映画の親子試写会に登壇
  • 上映後は子供たちとトーク 素直な感想に翻弄され大人びた質問にも回答
  • 松岡茉優と松坂桃李が自分の「天才だと思うところ」とは?

「夢を疑わないで信じて」と子供たちにエール

松岡茉優さん(24)と松坂桃李さん(30)が天才ピアニストを演じた映画『蜜蜂と遠雷』の親子試写会が、9月23日に東京・港区で行われた。

原作は、ベストセラー作家・恩田陸さんの直木賞受賞作で、国際ピアノコンクールを舞台に、若き4人の天才ピアニストたちの挑戦や成長を描いた青春群像劇。

映画を観た、未来の音楽家を夢見る子供たちの感想は?

――何歳ですか?

女の子:

10歳です

――映画を見てどうでしたか?

女の子:

ピアノが上手だった

松岡茉優:
いや~ん、ありがとうございます!

――子どもは正直ですからね

松岡茉優:

ね、本当ですよ。「ちょっとなんだかよく分からならかったですね」って言われるのにも備えてきましたからね

松坂桃李:
ズバッと切られる覚悟で

しかし、別の10歳の女の子からは…

――映画はどうだった?

女の子:

ちょっとなんか…音が大きくて…

松岡茉優:
わかる!わかる!私も大きい音の映画は苦手

松坂桃李:
うん

さらに、子供たちからの質問コーナーも。11歳の女の子からは、「小さい頃、自分の将来は予想できましたか?」という大人な質問が…

松岡茉優:
「二分の一成人式」ってやりました?それで私は、「将来女優さんになって、レッドカーペットを歩きます」って言ったんですよ。言ったら…

松坂桃李:
すごい、叶ってるじゃないですか

松岡茉優:
えへっ(笑)

松岡茉優:
だから、周りが信じてくれない夢があっても、自分だけはその夢を疑わないで、信じてあげてほしいなと思います

松坂桃李:
僕は、小さい頃の夢は、漫画家になりたいと思っておりまして

松岡茉優:

えー!意外

松坂桃李:
描くことがすごく好きだったんですけど、ある時、うちの姉に「あんた本当に絵へったくそだね」って言われて…うすうす自分でも気付いていたんですね(笑)そこから僕の夢は終わりましたね

あの生活用品を“残さず使い切る”極意とは?

イベント後、めざましテレビは松岡茉優さんと松坂桃李さんにインタビュー。

映画で天才ピアニストを演じた2人に、自分の「天才だな」と思うところを聞いてみると…

松坂桃李:
私は…歯磨き粉を使い切るのが…

松岡茉優:
えぇ~?(笑)

松坂桃李:
天才というか、うまい方ではある気がする(笑)

松岡茉優:
最後までしぼれるってことですか?

松坂桃李:
極限まで

松岡茉優:
でもなかなか最後、あるのはわかるけど出てこないってことあるじゃないですか?

松坂桃李:
残り少ない歯磨き粉にちょっと空気を入れて、思いっきりこう…(手を左右に振る)

松岡茉優:
私は、液体の詰め替えが超得意です

松坂桃李:
はぁ~

松岡茉優:
置くじゃないですか。フッって上げて、こうピュッって。一滴もこぼさず!

「最後まで使い切る天才」だという2人に、残さず使い切るコツを教えてもらった。

松坂桃李:
ん~…

松岡茉優:
あきらめない心

松坂桃李:
そうですね

映画『蜜蜂と遠雷』は、10月4日に公開。

(「めざましテレビ」9月24日放送分より)

めざましテレビの他の記事