「結愛ちゃんの苦しみ、悲しみ、絶望感は察するに余りある」母・優里被告が“懲役8年”を言い渡された理由

カテゴリ:国内

  • 船戸結愛ちゃん虐待死事件で母・優里被告に懲役8年の実刑判決
  • 裁判所は責任を指摘しつつも、夫・雄大被告による“心理的DV”を考慮
  • なぜ求刑より軽い“懲役8年”だったのか?背景にあった「母親としての役割」とは?

2018年3月、東京・目黒区で船戸結愛ちゃん(当時5)が、両親から虐待を受け死亡した事件の裁判員裁判で、東京地裁は9月17日、保護責任者遺棄致死の罪に問われた母親の優里被告に、懲役8年の判決を言い渡した。

裁判長:
大好きだった実母である被告人からも苛烈な食事制限を受け、医療措置を受けさせてもらえないまま死亡するに至っており、被害児童の感じたであろう苦しみ、悲しみ、絶望感は察するに余りある

被告人を懲役8年に処する

上下黒のスーツ姿で証言台に立った優里被告。
真っすぐ前を見据え、静かに判決を聞いていた。

これまでの裁判で検察側は、母親である優里被告の責任の重さを指摘し、懲役11年を求刑。
一方で弁護側は、夫・雄大被告の「心理的支配下にあった」と主張していた。

夫・雄大被告

先日の最終意見陳述で優里被告は、このように述べている。

優里被告:
自分の命よりも大切な結愛の心も体もボロボロにして死なせてしまったことへの罰は、しっかりと受けたいと思います

夫・雄大被告の“心理的DV”を考慮

東京地裁は判決で、雄大被告の指示による食事制限や暴力を、結果的に容認していた優里被告の責任を指摘しながらも、次のような判断を示した。

『雄大による説教や虐待が更にひどくなると思って、それに従ってしまった面が否定できない。雄大からの心理的DVの影響により、被告人が雄大の意向に従ってしまった面があることは量刑上、適切に考慮すべきである』

そして、判決を言い渡したあとに裁判長は...

裁判長:
結愛ちゃんは戻ってこないけど、あなたの人生は進むから、こうなったことをしっかり考えてやり直してください

裁判長にこう告げられた優里被告は数回、うなずいた。
10月1日からは、雄大被告の裁判が始まる。

判決を言い渡された優里被告の様子とは...

今回の裁判で、裁判所はこれら虐待の実態を認定している。
・苛烈な食事制限
・大好きな母からの虐待、結愛ちゃんの絶望感は察するに余りある
・優里被告も相応の役割を果たしていた

フジテレビ社会部 平松秀敏デスク:
体重が16kgだった結愛ちゃんが、わずか1カ月あまりで12kgまで、4kgも痩せ細ったんですよね。それぐらい、ごはんを与えていなかったと。しかも大好きなお母さんからごはんを与えられず、病院にも連れていかれず。その絶望感、悲しみは察するに余りあるんですよと。そして、この事件自体は夫の雄大被告が主犯的な存在ではあるんですけど、ただ、優里被告自身もそれ相応の役割を果たしているんですよというのが、判決で認定された虐待の実態といっていいと思います。

優里被告は過去の裁判で、このような言動や様子を見せている。

初公判
「(夫の)雄大から報復されるのが怖くて通報できなかった」
第2回
法廷で結愛ちゃんがつづったメモが読み上げられ、涙を流して聞く
第3回
「結愛に対してはごめんなさいと謝り続けるしかない」
第4回
「ちゃんと結愛と親子関係を築けず」
「私の行動すべてが結愛の死に結びついてしまいました」
第5回(最終弁論)
「異常なほど結愛のことを愛していたのに、結愛の心も体もボロボロにして死なせてしまったことへの罰はしっかりと受けたい」

判決を受けた優里被告は、どんな様子だったのか。法廷での取材を続けてきた記者によると、初公判では、自分を責める言葉を口にして大泣きするなど、感情を高ぶらせる場面が見られたが、17日は無表情のまま、淡々と判決を聞いていて、内容をしっかり把握できているのかという印象すら受けたという。
最後に裁判長から、「結愛ちゃんはもう戻ってこないけどしっかり考えてやり直してください」と告げられたときも、特に表情を変えることなく、小さくうなずくだけだった。

家族問題カウンセラー・山脇由貴子さん:
判決には、優里被告が被害児童の苦痛を和らげようとする努力を行っていたという言葉はありますけれども、完全に心理的な支配下に置かれていて、間違いなく正常な判断力が失われていたと思います。
私も児童相談所にいたとき、「お母さん、あなたは自由ですよ。でも、子どもを犠牲にしてはならないから、お母さんはもう判断できない状態だから、私たちの判断で子どもを保護するよ」としてきたので、ここはやっぱり児童相談所が積極的に介入してお子さんを保護すべきだったと思います。

あと、お母さん自身にはきちんと罪を償うと同時に、どうして自分は虐待に加担してしまったのかと向かい合う、更正プログラムをきっちり受けてほしいですね。

加藤綾子キャスター:
今後、どうやってしっかりと向き合っていくのか、更生していくのかですよね。平松さん、今回は8年という量刑になりましたけど、これにはどんな意味があると思いますか。

求刑より軽い“懲役8年”の理由とは?

フジテレビ社会部 平松秀敏デスク:
求刑11年から3年軽くして8年なんですけど、雄大被告からの心理的DVというのを非常に重く見ている。影響が非常に色濃く出ていると。その暴力、恐れによって従わざるを得なかったというような認定の仕方もしてるんですよね。
さらには、結愛ちゃんを守る努力もしている。例えば、雄大被告の目を盗んで食事を与えたりとか、添い寝をしたり看病したりだとか。
あと、ずっと取り上げられてる「結愛ちゃんノート」ってありましたよね。あのノートも結愛ちゃんと優里被告が2人で書いて、雄大被告の怒りを和らげるため、防ぐために、2人で作ったノートなんだということまで認定しているんです。
ということは、検察が言うほど親として何もしていなかったというような内容じゃないでしょと。だから、11年から3年引いて8年にしたんだよという、どちらかと言えば、優里被告寄りの判決内容が見て取れるなという気はします。

加藤綾子キャスター:

もちろん許されることではないけれども、こういったこともしていたんだというところを考慮しての判決だと。
8年というのは、どう思われました?

フジテレビ社会部 平松秀敏デスク:
もともとの求刑の11年自体が、ちょっと重いんですね。なので、8年になったと思うんですけれども。この事件で、この役割の母親に対して懲役8年というのは、要は量刑だけ見るとやっぱり重いなとは思います。

家族問題カウンセラー・山脇由貴子さん:
減刑であっても、8年は私の体験的には重いなと思いました。子どもを虐待で保護しても親が逮捕されないケースはたくさんありますし。来年(2020年)、法律も改正されますので、消極的にであっても加担した親は罰せられるべきですし。
子どもを虐待する親がいて、子どもを守れない親がいるということを、ちゃんと世間も知って地域で守っていくこと。それから児童相談所が積極的に介入するということは、やっていかなきゃいけないことですよね。

加藤綾子キャスター:
このような事件が起きないために、この判決をこれからどう生かしていくかが本当に大切になってきますよね。
次は夫・雄大被告の裁判となりますね。

フジテレビ社会部 平松秀敏デスク:
密室での虐待を、今度は父親の側から何があったのかということが語られるのが、注目されると思います。

(「Live News it!」9月17日放送分より)

Live News it!の他の記事