「異常なほど愛していたのに結愛の心も体もボロボロにして死なせてしまった」 母優里被告に今日午後判決

求刑11年に対し判決は・・・

カテゴリ:国内

  • 苛酷な虐待の末に死亡した結愛ちゃんの母が迎える判決の日
  • 結愛ちゃんが必死に訴えようとしたSOSはなぜ届かなかったのか
  • “大好きだったお母さん”と過ごした最期の瞬間が明らかに・・・

2018年3月2日、5歳11か月の船戸結愛ちゃんが苛烈な虐待により亡くなった。

それから約1年半が過ぎた今日午後3時、母の優里被告に判決が言い渡される。
保護責任者遺棄致死の罪に問われている優里被告。
検察は懲役11年を求刑。弁護側は5年が相当と訴えた。

「普通の親子」と思っていた祖父

たった5歳11か月の命が、誰にも知られないところで消えてしまった。

香川県で生まれ、東京の目黒区のアパートで命を落とした船戸結愛ちゃん。わたしはこの事件がなぜ起きたのか、そしてなぜ結愛ちゃんを救えなかったのかを知りたいと思い法廷に通った。5日間にわたり法廷で語られた数々の証言から、判決を前にもう一度、結愛ちゃんの、懸命に生きた最期の日々を振り返りたい。結愛ちゃんはどんな子供だったのか。

「結愛ちゃんはニコニコして人なつっこい子で、職員に甘えたり抱っこをせがんだり。甘えるのが好きな女の子でした。結愛ちゃんは長い髪で、手入れされていて、可愛らしい格好をしていました。」香川県での1回目の一時保護の際の担当の児童福祉士が思い出す。

証言台に座った結愛ちゃんの祖父も、結愛ちゃんの残影を追って涙を流した。

「(孫の結愛ちゃんは)気持ちの優しいまじめな子でした。玄関に結愛の靴があったからわたしが(わざと)“あいうえお”で名前を間違えて『ああ』、『やあ』、『うあ』と言うと、『ちがう!ゆあや!』と言うので『美人の可愛いゆあさんかぁ』と。『じーじ』と言ってハグしたり肩車したりしました。」

祖父は結愛ちゃんが児相に保護されたことも知らなかった。車で10分ほどの距離に住んでいた娘の優里被告と結愛ちゃんを「普通の親子」と思っていたと証言した。

「優里がご飯を作ってくれて、結愛がそれをよそって運んでくれて。二人ともまじめで優しかったです。」

東京への引っ越しを控えた2017年12月、優里被告と結愛ちゃん、そして長男の3人は優里被告の実家にひと月ほど身を寄せていた。

「普通の家族のようにクリスマスプレゼントを渡したり、ケーキを食べたりしました。優里は、ひたすら隠し続けたんだと思いますーーー。」

逮捕時に茶色だった髪は黒髪になり、短く切り揃えられていた (イラスト:石井克昌)

結愛ちゃんの祖父、つまり優里被告の父は娘の性格を「几帳面で真面目」だと評した。それまでわたしは優里被告のことをなんとなく、大人しくて表にあまり出ないような性格かと思っていたのだが、小学生のときは児童会長をしたり、中高ソフトボール部で、中3でキャプテンも務めていたということを知り、意外な気もした。優里被告の育った家庭の教育方針を聞かれた優里被告の父親は「子供には手をあげない。喧嘩をしたら兄弟全員で正座をしました。」と答えた。だが、その正座のときにもみんな笑っていたほどだと付け足した。

優里被告の主治医の証言

香川時代に優里被告、結愛ちゃん2人の診察をしていた小児科の木下医師はこう証言する。

「お母さん(優里被告)は子供らしく育てたいようで、(優里被告の)お姉さんの家族のように賑やかな家庭が理想だと言っていました。結愛ちゃんは明るくて子供らしくてかわいらしい子。(作ったアートの作品も)先にママね、とママにあげたりスタッフに作ってくれたり非常に優しい子でした。」

「年齢よりお利口で、心のケアが要ると思いました。」

参考人として被告の主治医が法廷で証言(イラスト:石井克昌)

年齢よりお利口だった結愛ちゃん。ついにおじいちゃん、おばあちゃんに打ち明けないまま雄大被告の待つ東京に行ってしまった。それからわずか2か月余りであばら骨が浮くほど痩せ、帰らぬ人になった。全身に170もの傷を負っていた。

結愛ちゃんは「雄大被告に会いたくない」ことは「ママを困らせるから言わない」と児相との面談で答えている。香川時代の児相の職員も法廷に立ちこう続けた。

「(一時保護施設にいる間)結愛ちゃんはパパが怖いと言っていました。でもママは大好きだと言っていました。」

結愛ちゃんは、優里被告をかばっていたのだろう。だからきっと、祖父母にも黙っていた。

「優里と結愛の異常に気付いてあげられませんでした。早い段階でわたしたちが知っていたら離婚するなり切り離すなり、それなりの対応ができていたと思います」こう言って祖父は肩を落とした。

結愛ちゃんは、母である優里被告からも叩かれていた。

「(雄大被告に)しつけろ、しつけろ、しつけろ!と言われて、自分の心に余裕がなくなって手をあげたこともある。」と優里被告自身が供述している。

近隣住民から児相への通報もあった。
「ちいさな女の子の泣き声と母親の叱る声がする」

「ママはパンチしないけど叩く、と結愛ちゃんは言っていました」(木下医師)

優里被告(左)と雄大被告(右)

届かなった結愛ちゃんのSOS

『3月、結愛が「パパとママ嫌だ、子供ハウスに戻りたい」と言ったので突き倒し、顔を平手で数回叩きました。(略)たまたまバレたというだけで、前後もしつけと称する暴力をふるっていました』(雄大被告の供述調書より)

『雄大被告が結愛ちゃんに対し「帰りたいのか、帰りたくないのか」と厳しい口調で問い詰め結愛ちゃんは「帰りたい」と言う。それに対し雄大被告は「帰りたいと言わされているのか」と。終始雄大被告が一方的に話す声が聞こえ、結愛ちゃんの声はほとんど聞こえなかった』児相での父と娘の面会の様子の記録も公開された。

このようなやり取りがあったにもかかわらず、2度にわたる一時保護も解除され結愛ちゃんは雄大被告と優里被告のもとに戻ることになってしまったのだった。

結愛ちゃんとその後も定期的に会っていた木下医師の記録にはこのようにある。

10月2日 「帰りたくない。(雄大被告に)キックされるから」結愛ちゃん自らこう切り出したという。「ママに言わないで。子供ハウス(一時保護所)に行きたい。」と。

木下医師によると帰りたくないというのは子供からの最大のSOSだという。木下医師は児相に一時保護を依頼したが3日後、今回は一時保護しないという方針が告げられた。母と離れてでも家にいたくないと、5歳の結愛ちゃんは懸命にSOSを出していた。

こうして、いくつもの機会があったにもかかわらず結愛ちゃんが保護されることがないまま2018年1月東京で親子4人だけの新しい暮らしがとうとう始まってしまったのだった。

優里被告はこのアパートのなかで結愛ちゃんとどのように暮らしていたのか。結愛ちゃんに何をしたのか。なぜ死に至らしめたのか。

1月下旬ごろから十分な食事が与えられなかった。雄大被告が管理し1日の食事は汁物1、2杯のみ。みるみる痩せてゆく結愛ちゃん。優里被告は雄大被告の目を盗んで板チョコ1枚とかチーズ、ドライフルーツなどとにかく結愛ちゃんの好きなものを与えていたという。この年齢の平均体重を大きく下回る13㎏をきってもなお食事制限が続いた。

優里被告はそのときどう考えていたのか。証言台では、結愛ちゃんの体重がむしろ100gでも減ったらお菓子を食べさせてあげられる、喜ばせてあげられるという感覚になっていたと語った。

しかしそんななかでも結愛ちゃんは「ママお腹すかないの」と(あまり食べていなかった)優里被告を気遣っていたという。

結愛ちゃんをシャワーに入れる際、痩せてあばら骨が浮いている姿を見た優里被告は「(想像以上に痩せていて)見られなくてタオルで結愛ちゃんを隠した」と供述した。

懸命に生きた結愛ちゃんの最期

2月下旬、雄大被告による結愛ちゃんへの激しい暴行があった。結愛ちゃんの顔を殴りシャワーで冷水をかけた。そしてバスタブに蓋をして閉じ込めた。消えかかっていた目の周りのあざが、また濃くなっていた。優里被告は気づかなかったのか。
法廷でのやり取りはこうだ。

検察「足の裏の傷は」
優里被告「知りません」
検察「左腕の皮下出血は」
優里被告「わからないです」
検察「頭の皮下出血」
優里被告「わかりません」
検察「風呂場入り口に血痕があったが」
優里被告「わかりません」

雄大被告の激しい暴行後、目に見えて衰弱していった結愛ちゃんを優里被告が病院に連れて行くことはなかった。いや、連れて行きたいと優里被告は雄大被告に訴えたが、あざが消えるまで待つように言われ、それに従ったというのだ。

3月2日。もう何も食べられなくなっていた結愛ちゃん。

優里被告は雄大被告に息子を連れて外出するように頼み、優里被告と結愛ちゃんは最後のこの日の午後を2人だけで過ごした。

2人はDVDを見たり、お話したり、添い寝をしたりしたという。

優里被告の記憶のなかの、結愛ちゃん。
午後2時から3時ごろ、飴をなめ、自力で座れていた結愛ちゃんはスポーツドリンクを飲んだ。
午後4時頃優里被告が結愛ちゃんの手をひいてトイレへ連れて行った。

「足首がすこし冷たかったです」
「午後5時半ごろ、結愛がだいぶしんどそうだったので元気づけようと思い、実際には来ていなかったけど、『じーじとばーばが来てるよ』、『ディズニーランド行こうね』って言ったら、結愛は『うん』って言った。『小学生になったら楽しいことが待っているよ』って言ったら、結愛はわたしの目を見て『うん』と言って笑いました。」

その後、結愛ちゃんは口から体液を吐き、お腹が痛い、お腹が痛い、と言って目を閉じた。

午後6時2分。雄大被告からの通報で救急隊員が到着した。
証人として今は証言台に座るこの男性の手は固くにぎられ膝の上に置かれている。

「到着時は母親が心臓マッサージをしていました。」大きな、聞き取りやすい声ではきはきと丁寧に答える男性だったが、そのとき気づいたことはと問われ、声を震わせた。

「AEDのパッドを貼るとき、パジャマの胸を開けますが・・・あばら骨が浮いているくらい痩せていて、しっかり・・・貼らなければと思いました。」

「背中にも無数の傷があり、顔は土気色で、頬がこけていたのですが、顔が腫れているように見えました。」

そして小声でこう言った。
「入庁して25年になりますが、このようなお子さんが亡くなる事例はあまりなく、消防人生の中でも記憶にのこるもの・・・隊員も凄惨な事案にショックを受けていました。」

優里被告が守りたかったもの

検察 ―――香川の児相から引き継いだ品川児相が訪ねるも、優里被告は結愛ちゃんに合わせるのを拒み援助を断り、だれも結愛ちゃんを助けられない状況を作った。
優里被告 「雄大が逮捕されて報復されることを恐れていました。」
検察 ―――優里被告は自分の意思で結愛ちゃんを死に至らしめた。結愛ちゃんと雄大被告を天秤にかけ雄大被告を選択した。
弁護側 ―――優里被告自身も雄大被告の虐待の被害者。ひとつ屋根の下で雄大被告から優里被告に対して、また結愛ちゃんに対しての2件の虐待が行われていた。
検察 ―――雄大被告の結愛ちゃんに対する暴力をわかっていたのに放置し、病院に連れて行きさえすれば命が失われることはなかった。最低限度の行動を起こさなかった。雄大被告の心理的影響については否定しないが、支配と評価するものではない。唯一味方のはずの母親に助けてもらえなかった絶望感。両親に未来を奪われた無念さは察するに余りある。

「結愛ちゃんはママのことを大好きだったと思います。すごく助けてほしかったと思います。」

前述の香川時代の小児科医木村医師は自身の証言をこう結んだ。

「わたしは今日、結愛ちゃんの代弁者として来たつもりです。お母さんの辛さは理解できますが(優里被告の)罪を軽くしてほしいとは思っていません。なんとかお母さんに助けてもらいたかったです。罪を償ってきちんと反省して、結愛ちゃんに謝ってほしいです。最後までお母さんを信じて、助けてくれるのを信じて亡くなった結愛ちゃんを思うと、唯一結愛ちゃんが信頼していたお母さんはどんな手段を使ってでも助けるべきでした。」

法廷は優里被告のすすり泣きが響いた。

論告・弁論が終わり、裁判長に促され優里被告は最終意見陳述のため証言台に立った。

「自分の命よりも大切な結愛のことを、まわりになんて言われようと異常なほど結愛のことを愛していたのに、結愛の心も体もボロボロにして死なせてしまったことへの罰はしっかりと受けたいと思います。私のせいで結愛の肉体はもうこの世にはないんですけど、結愛の名前と魂を生かせるのはわたししかいないので、わたしを通して結愛と一緒に生き続けたいと思います。」

声を震わせながらも、はっきり語った。

船戸結愛ちゃん
2012年3月20日 香川県善通寺に生まれる
2018年3月2日 東京都目黒区にて息を引き取る
5歳の女の子の平均体重が19.9㎏なのに対して、死亡時の結愛ちゃんは12・2㎏しかなかった。

目黒の部屋から見つかった結愛ちゃんが書いたメモ

もうおねがいゆるして ゆるしてください おねがいします
これまでどんだけあほみたいにあそんだか
あそぶってあほみたいだからやめる もうぜったいやらないからね

もうあしたはぜったいやるんだとおもって いっしょうけんめいやって
パパとママにみせるぞ
えいえいおーう
おやくそくだからぜったいにおねがい


あと18日で、6歳だった。

【関連記事:夫の「説教」に苦しめられた母と子 法廷で明らかになった結愛ちゃん虐待死までの日々
【関連記事:「バリバリとヒビが入ってズドンと落ちた」 虐待された娘に残った170の傷が語る家族の瓦解

【執筆:フジテレビ アナウンサー 島田彩夏】
【取材:社会部+フジテレビアナウンサー 島田彩夏】

「虐待ゼロへ」すべての記事を読む

虐待ゼロへの他の記事