台風15号の影響でJR東日本在来線 午前8時の運転再開ずれこむ

台風15号の影響で、JR東日本は、在来線の午前8時の運転再開を目指していたが、多くの路線で運転再開の見込みが立っていなかったり、時間を遅らせての再開を目指している。

JR東日本によると、在来線は始発から午前8時頃までの運休の予定だったが、線路に飛来した障害物の撤去や踏切の設備故障などの影響で、横須賀線や京浜東北線で運転再開のメドが立っていない。
また山手線は倒木の影響で午前9時頃の運転再開などJR東日本は時間を遅らせての運転再開を目指している。
また、東海道新幹線は運転を再開した。