まもなく消費税が10%に 増税前後で買うべきものの違いを解説

カテゴリ:国内

  • 各地で「宝飾店」や「家電」の値引きセール
  • 消費増税前と後に買うべきものを専門家が徹底解説
  • 9月にネット注文して発送が10月になると軽減税率の対象外になる可能性も

増税前の値引きセール

いよいよ10月に迫った消費増税を前に都内の宝飾品店が行っているのは値下げセール。なかには定価の70%オフという商品もある。

ベリテ小山店 鈴木順店長:
増税前にこういった商品のセールですとか、大きな広告を出してお客様を獲得しようと今動いています。

さっぽろ東急百貨店でも食料品や日用品、宝飾品や寝具などを9月中旬から値下げ予定している。

一方、ビックカメラ全店では増税前の駆け込み需要を見越して、本来は10月以降から予定していた暖房器具の販売を前倒ししている。

第一生命経済研究所首席エコノミスト永濱利廣氏:
今回の消費増税については消費者も混乱する可能性が高い。

まずは街で買い時が気になる商品を聞いてみた。


10代女性A:
食品。お肉です。

10代女性B:
ブランド品とかを買った方がいいかなと思います。

30代男性A:
大きな家電。掃除機とかとか。

30代男性B:
高額なものはなるべく早く増税前に買っておきたいなというの思いはあります。

飲食料品の購入は増税後がお得

そこで街の人が気になる4つのジャンルの買い時を調査。

まずは飲食料品。
日用品に該当するため軽減税率の対象となり、10月以降も消費税は8パーセントのままだ。

マーケティングアナリスト渡辺広明氏:
増税前に慌てて買う必要はないと思います。

しかもお店によっては増税後にキャッシュレス決済をすれば2020年6月まで最大5パーセントのポイントが還元されることもある。そのため飲食料品は増税後に購入する方がお得だという。

白物家電は増税前 テレビ・オーディオ機器は増税後に購入するとお得

続いてのジャンルは家電。

家電は軽減税率の対象外のため10月から消費税は10%となる。高額な商品も多く増税前がお得に思えるが、専門家によると・・・

マーケティングアナリスト渡辺広明氏:
きっちり必要なものを見極めてから買い物をする方がいいのではないかと考えられます。

冷蔵庫や洗濯機といった白物家電はあまり値崩れしないことから増税前に購入すべき。一方、テレビやオーディオ機器は次々と新製品が登場することから値段が下がりやすく型落ちの機種では増税前より安く購入できることもあるという。

ネット通販は注文時期に注意

最近ではネット通販を利用する人も多いが注意点がある、と専門家は指摘する。

マーケティングアナリスト渡辺広明氏:
ネット通販の場合は9月に注文しても注文が殺到して発送が10月になったりすると軽減税率の対象外になる可能性がありますのでそこは注意が必要だと思います。

こちらも販売会社によっては最大5%のポイント還元が得られるため、増税前よりお得な場合もある。家電は種類によって買い時が変わるという。

ブランド品は増税前に購入がお得

続いてのブランド品も、増税後は消費税が10パーセントにアップする。

マーケティングアナリスト渡辺広明氏:
お客様が価格に対して購買するというよりもブランド価値に対して購買しているのであまり定価が乱れない。

また最大5パーセントのポイントが還元されるのは中小の小売店のため、多くの高級ブランド店は対象外の可能性が高いという。そのためブランド品は増税前に購入する方がお得だという。

住宅ローンを組むなら増税後に購入がお得

そして最後は住宅。消費税8%は9月中に引き渡しされる物件が対象となる。しかし増税後の購入でもお得な場合があると専門家は指摘する。

第一生命経済研究所首席エコノミスト永濱利廣氏:
10月以降に住宅を購入した場合は、増税に伴う負担を軽減するために住宅ローン現在の拡充ですとか、すまい給付金の拡充があります。

ローンを組んで住宅を購入する場合は、増税後の方が実質的にお得になるケースもあるということだ。

専門家によると増税前に買うべきものは白物家電とブランド品で、増税後に買うべきものはAV機器と飲食料品。住宅はケースによって異なるというこことだ。

(「めざましテレビ」9月2日放送分より)

ダイジョウブ?消費税10%の他の記事