【コレ英語で言えますか?】人の「3倍働く」

カテゴリ:ワールド

チャンスこそ頑張り時です!

仕事での見せ場や、いい感じの人とのデートなど、みなさんは最近なにかチャンスはありましたか?

チャンスは降ってくることもあれば、自分で作ることもできるもの!
ピンチはチャンスという言葉もあるように、自分の捉え方次第なのかもしれませんね。

一度ゲットしたチャンスを活かすためにも、手放さずに普段以上に頑張りましょう。

【記事】「いいチャンスだ。しかし人の3倍働け」 あずきバー・井村屋会長を変えた『上司の言葉』

「3倍働く」って英語でなんて言うの?

「いいチャンスだ。しかし人の3倍働け」
“That’s a great chance for you, but you must work three times harder than others”.

【解説】
ここでは、「いいチャンス」と言う表現に、
great chance (素晴らしい機会) を使います。

chance (好機・機会) と同じ意味で、
opportunity (好機・チャンス) も使えますが、この2つには微妙なニュアンスの違いがあります。

chanceは偶然のニュアンスを含んでおり、
opportunity は偶然性は含まず、何かを行うために望ましい機会を指します。

leap at a/the chance (チャンスに飛びつく)
seize an opportunity to ~ (~する機会を得る・この機に乗じて~する)

「3倍働け」という表現には、
work three times harder (3倍努力して働く) を使います。

倍率を表す時は、
twice harder / two times harder (2倍に一生懸命)
three times harder (3倍に一生懸命) のようにします。

頑張りすぎにも注意です!

【例文】
3倍働いても、給料は決して3倍にはならない。
My salary never gets tripled even if I work three times harder.

チャンスを逃さないためには、給料を気にせずに働く覚悟が必要ですね。

それでは次回もお楽しみに。

Good luck!
(連載「コレ英語で言えますか?」第42回 / 毎週土曜更新)

「コレ英語で言えますか?」すべての記事を見る

コレ英語で言えますかの他の記事