名門レアルから「期限付き移籍」の久保建英選手 早くも“ユニホーム”登場!?

カテゴリ:ワールド

  • 名門レアルの久保建英選手がマジョルカへ期限付き移籍
  • レアル下部組織のカスティージャ監督にとって久保の移籍は「痛恨の一撃」!?
  • すでに久保選手のユニホームが登場!?そこにはあの“先輩”の名前が…

マジョルカへ期限付き移籍へ

スペインの名門レアル・マドリードの久保建英選手が、同じスペイン1部のマジョルカに来年6月30日までの期限付きで移籍することが発表された。

久保建英選手:
とてもうれしい。プレーすることにとても興奮している

現地時間の23日にもチームに合流する予定だ。

移籍について現地メディアは…

そんな久保選手の移籍について現地のメディアは賛否両論、様々な受け止めをしている。

スペインの大手スポーツ紙『MARCA』:
レアルの下部組織にあたるカスティージャのラウール監督にとって久保の移籍は痛恨の一撃

一方、これに対して久保選手を迎える地元マジョルカ島の地元紙は…

マジョルカ島地元紙『Diario de Mallorca』:
最高の補強だ

両紙の報じ方は対照的だ。

勝手に“ユニホーム”を作って応援!?

こうしたなか、マジョルカファンたちの間で久保選手を一早く応援するためのある秘策が話題になっている。
それがこのユニホームだ。

もう久保選手のユニホームが出来ている!と思いきや…。

実はこれ、かつてマジョルカに所属していた元日本代表の大久保嘉人選手の「O(オー)」の部分を消してこのように「KUBO」とするのが流行っているようで「もうユニホームは出来ている!」などとファンの間では早くも久保フィーバーが沸き起こっている。

久保選手は早ければ、現地時間25日にもスペイン一部リーグデビューの可能性があるかもしれないということで今後の活躍に期待だ。

(「Live News days」 8月23日放送分より)

Live News daysの他の記事