【独自】宮崎容疑者の車と同ナンバーの新たな“あおり運転”映像を入手 “あおり運転”はどんな罪に問えるのか!?

カテゴリ:国内

  • 宮崎容疑者と思われる“あおり運転”の映像をFNNが入手
  • あおられた車の男性が語る当時の状況とは…
  • もしも“あおり運転”に遭遇したら?どんな罪に問える?

FNNが新たな“あおり運転”の映像を入手

あおり運転殴打事件で逮捕された宮崎文夫容疑者。また新たな映像をFNNが独自入手した。
2018年11月にも宮崎容疑者のものと同じナンバーの車が高速道路で“あおり運転”をしていたことが分かった。

目の前への強引な割り込みに蛇行運転。この黒い車の持ち主とみられるのは宮崎文夫容疑者だ。

あおられた車の男性:
蛇行運転もされましたし、急ブレーキを何回もされたりとか、窓から手を出して止まれとか怖いなとというのはありました。

FNNが独自に入手した映像には40分以上にわたる“あおり運転”が記録されていた。被害を受けた車に乗っていた男性2人は
埼玉県の外環道・美女木JCT付近で異変を感じたという。追い越し車線を走っていると、後ろからハイビームで走る車が迫ってきた。すると…

あおられた車の男性:
真ん中の車線から追い抜いていって、あおり運転がスタートしたんです。

突如、始まったというあおり運転。追い抜いて行った黒い車はウインカーを出さず強引に車線変更し、更に蛇行運転を始めた。

あおり運転をしていたのは宮崎容疑者が所有している車と同じ

この黒い車は高級外車ポルシェ・カイエンで、ナンバーは宮崎文夫容疑者が所有しているとみられるものと同じだ。

運転していた人物の印象は…

あおられた車の男性:
マスクをしてサングラスをして、動画の人物と一緒の感じです。

常磐道であおり運転をしたうえ、運転手の男性を殴った際の宮崎容疑者と同じサングラス姿だったという。

問題の黒い車はほかの車が追い越していく中、男性2人が乗る車をターゲットに約40分にわたりあおり運転を継続した。高速の出口付近では更に危険な行為に及んだ。いつ事故が起きてもおかしくない危険な状況だ。

あおられた車の男性:
ちょっとブレーキを踏んで追突を狙ってる感じもあった。相手は叫んでいて、腕も手も出して「止まれ」と合図をしていた

この人物が宮崎容疑者だったとすれば、悪質なあおり運転は少なくとも9か月以上にわたり繰り返されてきたことになる。

これまでの調べに宮崎容疑者は「力を込めて殴ってしまった」と話し「殴ったことについてやりすぎた、反省している」と供述している。
一方の喜本容疑者は、「ネットのニュースで指名手配を知り、外に出ると捕まると思い私がごはんを買いに行った」と話していることが分かった。

あおり運転を罰する法律はない

加藤綾子キャスター:
傷害の容疑で逮捕された宮崎容疑者ですが、今後の取り調べでどんな罪に問われることになるのか?交通事故に詳しい清水卓弁護士にお話を伺います。ここまでも色々と言われていると思うんですが、そもそも危険なあおり運転自体では罪に問えないと?

清水卓弁護士:
日本では「あおり運転罪」というような、それ自体を罰する法律はないのです。

加藤綾子キャスター:
ということは、警察はどんな罪が問えるのでしょうか?

清水卓弁護士:
「暴行罪」というものを適用して、立件できないかというものです。

加藤綾子キャスター:
暴行罪とは「2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金」とのことですが、運転していて暴行罪はどういう時に問えるのですか?

清水卓弁護士:
被害を受けた方が具体的に身体の危険を感じたような場合ですね。

加藤綾子キャスター:
どういった運転をした場合に暴行罪が適用されるか?身の危険を感じる行為を具体的に見ていきたいと思います。

清水卓弁護士:
幅寄せをされましたね。そして急な割込み…。さらに蛇行ですね。ウインカーを出してまた幅寄せをしましたね。ここから追い越して前に入って急ブレーキを踏ませるような行動ですね。ここで止めさせて、進路を妨害してまたブレーキを踏ませてと…

加藤綾子キャスター:
急な割り込み、急ブレーキ、蛇行の1つ1つでも暴行罪に問える可能性があるということですか?

清水卓弁護士:
1つ1つでも暴行罪に問える可能性があるとは思いますが、今回は一連の行為が短時間で行われているということを立件のポイントにしてくると思います。

加藤綾子キャスター:
今回は暴行罪として成立するんではないかという見立てでよろしいですか?

清水卓弁護士:
その可能性が十分あると思います。

加藤綾子キャスター:
ただ、立証するというのは一般的には難しいですよね?

清水卓弁護士:
怪我とかをした場合はその後に捜査が入りますが、そういうものがない場合はなかなか証拠もつかめないので難しいです。

加藤綾子キャスター:
今回はドライブレコーダーに証拠が残っていたというのが…

パトリック・ハーラン氏:
今までのケースもありましたよね。新しい件のドライブレコーダーの映像、あれも問われますか?

清水卓弁護士:
もちろん、それ自体が危険な運転だということであれば、今回とは別に暴行罪を問うことはあると思います。

加藤綾子キャスター:
証拠がない場合はどうしたらいいですか?警察には言った方がいいんですよね?

清水卓弁護士:
車種とかナンバーとか、できる限りのことをとどめて警察に報告するなどの行動によって、検挙につながる可能性があると。

加藤綾子キャスター:
パックン、あおり運転はアメリカではどうなんですか?

パトリック・ハーラン氏:
正直、アメリカはこの度合いをはるかに超える「危険運転大国」です。一応アメリカでは全国データベースがありまして、ドライブレコーダーの映像を投稿すると、地元の警察に届くようになっています。それをもとに、どう取り調べるのか、もしくは注意したり教育したりするのか警察が判断するんですけど、実は、アメリカはあおり運転、危険運転をこれは「ロードレイジ」と総称で呼ばれています。「路上の怒り」、宮崎容疑者も怒ってるじゃないですか?あの姿は典型的なロードレイジなんですね。アメリカ政府の調べでは、7年間で1万件以上もありまして、その中では怪我人が1万2000人以上。死亡者がなんと200人以上なんです。

加藤綾子キャスター:
アメリカは銃がありますからね。

パトリック・ハーラン氏:
ですから、ロードレイジの先には事故だけでなく、発砲事件や殺害も考えられますので、アメリカの常識で言うと今回の事件は不思議に感じるのは止まったことです。あおられて止まれと言われても、アメリカでは止めないで逃げるのが常識なんですね。

新たな法律を制定することが急務

加藤綾子キャスター:
日本の場合、今の法律ではあおり運転で罪に問うことはなかなか、ハードルが高いということになりますよね。どうしていったらいいですか?

清水卓弁護士:
新しい危険な運転とかを処罰する法律を制定することや、そういう議論をする必要があります。

加藤綾子キャスター:
危険運転致死傷罪というのは死傷者がある場合のみ適応されれるということです。 死傷者がない場合は暴行罪。
それから、こういった新たな法律が必要なんじゃないかと。

清水卓弁護士:
そういう議論が必要じゃないかと思いますね。

加藤綾子キャスター:
何かあってからでは遅いですから早急な対応が求められます。ここまでは清水弁護士にお話を伺いました。

(「Live News it!」8月21日放送分より)

Live News it!の他の記事