40.7℃を記録した新潟県“胎内市”…「名前がすごい」と話題なので由来を聞いた

カテゴリ:話題

  • 今年全国一の40.7℃を記録した新潟県胎内市の「名前がすごい」と話題
  • 担当者「新たな市が誕生する際、公募で決まった」
  • 基となった胎内川の由来には3つの説がある

「名前がすごい」と話題の新潟県”胎内市”

台風10号の影響でフェーン現象が発生し、15日は日本海側を中心に気温が上昇。
新潟県“胎内市”では最高気温40.7℃を記録し、今年全国で最も暑くなった。

新潟市の北東に位置する人口約2万9000人の胎内市だが、猛暑を伝えるこのニュースを受け、注目が集まったのが“胎内市”という市名。
Twitter上では「名前がすごい」「なぜこんな名前にしたのかよく分からない」などと、市名のインパクトの強さへの感想や、由来を知りたがる書き込みが多く見受けられる。

一体なぜ、このような名前、このような漢字にしたのか?
新潟県胎内市の担当者に市名の由来を聞いた。

新たな市が誕生する際、公募で決まった

――「胎内市」という市名の由来は?

2005年9月に中条町と黒川村の合併によって、新たな市が誕生する際、公募によって決定しました。


――公募で胎内市が決まった理由は?

中条町と黒川村を流れる“胎内川”は自然を育み、地域の産業にかかせない存在であり、地域の象徴です。
また、合併前から「胎内スキー場」や「ロイヤル胎内パークホテル」などもあり、“胎内”という言葉が認知されていたからです。

胎内川の由来には3つの説がある

――胎内市の基になった「胎内川」の名前の由来は?

胎内川の由来については、大きく3つの説があります。

1つめは「鯛の川説」。
昔は飯豊の山に「タイガシラ」が現れると、田植えを始めたといいます。
残雪の形が魚の鯛の頭に似ていることから、「タイガシラ」と呼び、ここから流れ出る川が「鯛の川」⇒「胎内川」となったといいます。

2つめは「体の無い川説」。
江戸時代の絵図に「胎内(たいな)川 又(また)躰無川とも書く」「並槻から下、地本村まで炎天下には川水無し」と書かれ、昔から胎内川が炎天下に地下に潜ることが知られ、「体の無い川」が「胎内川」となったといいます。

3つめは「アイヌ語説」。
「タイ・ナイ」という言葉がアイヌの言葉で森や土、沢や川などを表すことから「タイ・ナイ」⇒「胎内川」となったというものです。

現在、この3つの説の中で有力なのは、1つめの「鯛の川説」と、2つめの「体の無い川説」と言えます。


胎内市の担当者に「市名に関する問い合わせがきているか」尋ねたところ、「昨年8月23日にも全国一になったが、市名の由来に関する直接の問い合わせはきていない。皆さんネットで検索したりして、自己完結しているのではないか」と話していた。