あおり運転 暴行男 免許証住所は静岡 代車返却せずトラブル

カテゴリ:国内

  • 男はディーラーとSUVの返却をめぐってトラブルになっていた
  • 約束の返却日から19日・・・返却までの経緯と足取りが明らかに
  • 男は静岡県で不動産関連の仕事に従事か?

あおり運転をした白のSUVが押収された

8月15日午後3時半ごろ警察によって押収された外国製の白い高級SUV。車体の後部には衝突の跡がある。
あの信じがたい、あおり運転を行ったとみられる車だ。

高速道路上での強引な割り込み。そして危険な蛇行運転。さらにドライバーの顔面を殴打。
8月10日、茨城県常磐自動車道で悪質なあおり運転を繰り返した男に対して、被害者の男性はそのときの恐怖を語った。

被害者の男性:
この人たちは本当に自分たちを殺すつもりできているんだな、と思いました。

SUVは代車 ディーラーと返却をめぐりトラブル

男は代車として白いSUVを借りており、その返却をめぐりディーラーとトラブルになっていることが、新たに明らかになった。
関係者によると、男は7月21日、神奈川県内のディーラーから、自分の車の修理のため代車として白のSUVを3日間の約束で借りた。
そして返却日だった7月23日、警察に静岡県と愛知県で男が借りたSUVによるとみられるあおり運転の通報が入った。

通報が入った2日後の7月25日、連絡が途絶えていた男からディーラーに、こう連絡が入った。
「車が気に入ったので、購入を検討している。仕事で遠方に来ているが、8月3日には返せる」

しかし、8月3日になってもSUVは返却されることはなかった。

そして、8月10日に今回のあおり運転事件が起きた。常磐自動車道で被害男性が運転する車の前に現れた白のSUVは、
突然、車線変更をするなど不審な動きを見せたあと、車間距離を詰め急ブレーキをかけた。

さらに蛇行運転をするなどのあおり運転を繰り返し、車を無理やり止めさせると、男はSUVを飛び出してきて、激しく因縁をつけ始めた。

被害男性が思わずブレーキから足を離し、前に止められた男のSUVと衝突してしまうと、男は5発のパンチを放ち被害男性に怪我を負わせた。

被害者の男性:
いきなり殴られて頭が真っ白になった。口と顎を切ってこめかみの方があざになった。指が腫れちゃって、曲がらなくなった。

ディーラーにようやくSUVが返却されたのは事件翌日の8月11日。当初の約束から19日が経過していた。
しかし、男自身は仕事で来られないとして代理の男性2人と女性1人がSUVを返却しにきたという。返却されたSUVは後部がへこんでいた。

男は静岡県で不動産関連の仕事に従事か?

関係者によると、男の運転免許証上の住所は静岡県。また、不動産関連の仕事をしているとみられている。
男は今、どこにいるのか?警察は一連のあおり運転について、同一犯の可能性もあるとみて捜査を進めている。

(「Live News it!」8月15日放送分より)

Live News it!の他の記事