超大型台風10号の余波で水難事故相次ぐ もし流された時の対応は!?

カテゴリ:国内

  • 台風10号の影響で各地で水難事故が多発
  • 波の高さが2倍になる一発大波
  • 流されてしまった時はとにかく浮いて助けを待つ

台風10号の影響で各地で水難事故が多発

超大型の台風10号が近づく中、その影響で太平洋側は高い波となっている。
千葉・館山市の布良海岸で8月12日の午前6時頃に10代の男性5人が沖に流され、2人が行方不明となった。また、8月12日の午前に
愛知・田原白谷海水浴場に家族で海水浴に来ていた家族の9歳と6歳の兄弟が溺れる事故が発生し、9歳の兄がまもなく死亡した。

水の事故は湖でも。滋賀・高島の琵琶湖で水難事故を通報した女性は「波はいつもより高いと思います。急に深くなるので大人でも足がつかないと思います」と語った。

8月12日午後2時前に滋賀・高島市にある琵琶湖の漁港で「友達が沖に流れて上がってこない」と男性が近所の家に助けを求めた。
警察と消防が駆け付け、大阪府に住む大学生の男性2人を救助したが、その後死亡した。
2人は大学のサークルの友人と10人で漁港の船着き場から湖に飛び込んで遊んでいたという。
さらに同じ琵琶湖の大津市でも20代の男性が心肺停止で病院に搬送され、その後死亡が確認された。

また、愛知・蒲群市の天神川で川遊びをしていた5歳位の男の子が溺れて意識不明の重体となった。
長崎市では、沖合で釣りをしていた男性兄弟2人の遺体が見つかった。

静岡・伊東市の海岸では、午後3時頃釣りをしていた千葉・大綱白里市の50代の女性が高波にさらわれたと一緒にいた家族から110番通報があった。女性は午後5時過ぎに発見され、病院に搬送されたが死亡が確認された。

8月12日伊東市では台風10号の影響で波浪注意報が出ていた。今後超大型の台風10号はやや発達しながら西日本に接近し、
盆休み真っ只中の8月14日に上陸する可能性がある。

そうした中、千葉・勝浦市守谷海水浴場で8月11日に40人もの海水浴客が流されて男性が1人死亡した。
8月12日の守谷海水浴場は高い波の影響で遊泳禁止となっていた。

ちょっと心配なのでいつも子供のそばで見ています。(海水浴客A)
夏だったら海に来たいって気持ちは出ちゃうんですかね。まぁいいんじゃないですかね。(海水浴客B)

普段は屈指の透明度を誇るおだやかな守谷海水浴場。しかし8月11日に救助にあたったライフセイバーは海の異変を感じていた。

ライフセイバー:
流れが強すぎて自分の力では戻れないぐらい本当に厳しいコンディションだった。

波の高さが2倍になる一発大波

その時何が起きていたのか?専門家はこう指摘する。
樋口康弘気象予報士:
南の海上で発生している台風周辺で発生した波がうねりとなって1000回に1回の割合で波の高さが2倍になる。これを一発大波と言います。

一発大波とは台風が離れていてもそこから発生したうねりの影響で約1000回に1回。時間にして2時間に1回程度予想の2倍の高波が襲うことをいう。

8月11日に勝浦市で起きた水難事故について専門家は…

水難学会 斎藤秀俊会長:
台風10号は小笠原諸島の近海にだいぶ長く停滞していたためそこからくるうねりの影響が大変大きかったのではないかと思います。

未だ離れた位置にある台風10号による一発大波が既に来ていた可能性があると指摘している。
事故当時海水浴場では遊泳禁止ではなく遊泳注意にとどまっていたものの4メートルを超えるの一発大波がきた可能性もあるという。
3連休で相次いだ水難事故。背景には今回の台風10号に特徴的な3つの条件があると専門家は指摘する。

水難学会 斎藤秀俊会長:
台風が遠かったことと晴れたこと。そしてお盆の連休で人がたくさん海岸にいたことこの3点だと思います。

水泳選手でも戻ることができない離岸流

樋口康弘 気象予報士:
波というのは押し寄せて来る波もあれば、引いていく波というのがある。高い波であればあるほど離岸流の強さも大きくなっていく可能性がある。

さらに打ち寄せる波とは反対に岸から沖へと戻る離岸流。一旦、巻き込まれると水泳選手でもしばらく沖へと流されて戻ってこれないという。

もしも流されてしまった時はどうすればいいのか

万が一流されてしまった場合はどうすればいいのか。専門家は…

水難学会 斎藤秀俊会長:
何か突発的な水難事故にあったらとにかく浮いて呼吸を確保することが最も重要です。浮いて救助を待つということが大切です。

一方、水難事故でついやってしまいがちなのは手を挙げて助けを呼ぶ行為。
手をあげると助けを呼び終えることもできずに沈んでしまうという結果となった。
今後台風の接近と大潮が8月15日に重なるため厳重な警戒が必要だ。

生田竜聖アナウンサー:
では8月13日の朝に発表された波の高さの予想を見ていきましょう。
8月11日に40人が流された千葉の南部では4メートル。高知の中部では5メートルなど軒並み人の背丈を超える高さの波が予想されています。

(「めざましテレビ」8月13日放送分より)

めざましテレビの他の記事