進化しすぎて“持たない”ものまで…『手持ち扇風機』が一大旋風!昨年比3倍の取扱量の店も

カテゴリ:国内

  • 若者を中心に街でも手にする人をよく見かけるようになった「手持ち扇風機」
  • 商品数を去年の3倍にした店も…その機能も進化していた
  • 従来の置き型扇風機も進化!なんと羽が“盛り盛り” 13枚もある機種も

最近、街で使う人が増えている「手持ち扇風機」。

少し恥ずかしい気もするが、一度使うと手放せないほど便利だという。取材すると今年はさらに進化した新商品も登場していた。

“アイスクリーム型”の手持ち扇風機も…進化する『手持ち扇風機』

まずは街で手持ち扇風機を使っている人を探してみると…早速発見。快適そうに髪がなびいていた。

ーーいつ購入しましたか?

女性:

2ヶ月前くらいに。

ーーなぜ購入を?

女性:

扇風機があると、自分だけでも結構涼しくなれる。風量も調節できるので。

かなり風量もあって涼しいようだ。さらに、高校生9人のグループに聞くと、2人が持っていた。

しかも1人は“アイスクリーム型”だ。

ーーアイスクリーム型手持ち扇風機、風量の調節は?

女子高校生:

できません。学校でみんな持っていたから買った。

別の女子高生:
学校でバンバン使っとるから。

高校生たちの間では、すでに夏に欠かせないアイテムになっているようだ。去年から持つ人が増えてきたようだが、どんな商品があるのだろうか?

もはや夏の『必需品』…去年の3倍の量を扱い商品は20種類の店も

ロフト名古屋に行ってみると、大きな販売コーナーが設けられていた。カラフルでコンパクト、可愛らしいサイズもある。

ロフト名古屋 箕浦さん:
去年よりも3倍の量を扱っていて、20種類くらい今店舗に展開しています。常に携帯していただけるハンディタイプのものはかなり需要が高いですから、数多く取り揃えています。

最新モデルも登場、売れ筋の人気商品を聞いてみた。

箕浦さん:
非常に風の強いタイプの商品がございまして、回していただくとかなり強力な風を受けることができます。『ドローン』に使われるモーターを採用しております。

その強力なモーターを採用した新商品「ミニハンディファン Pokefan(2,139円)」は、パワーのある風が特徴だ。

そして一番人気の商品は…

箕浦さん:
一番のオススメは両手が空くハンズフリータイプの扇風機です。

首から掛けられるタイプの新商品「ハンズフリー扇風機(3,240円)」。手で持たなくてもいいというのが便利で人気だ。首筋に風が当たるので、顔全体、頭から上の部分が涼しくなる。

箕浦さん:
両手が空きますので、ジョギングや屋外で作業される時に非常に便利だと思います。

その他にも人気を呼んでいるのが、フランフランの「フレ2WAYハンディファン(1,980円)」。

手持ち扇風機として使えるのはもちろん、専用の回転スタンドを使うと卓上扇風機にもなる。持ち運びプラス、卓上でも使える2ウェイタイプだ。

とはいえ、まだまだ使ったことのない人が多い「手持ち扇風機」。初体験の人に試してもらった。

ーーどうですか?

女性:

涼しいです。結構(風が)強いです。もっと弱いのかなって思ってたんですけど、割としっかりしている。

別の女性:
(風が)強いですね。思っていたよりも強いですね、びっくりしました。すごい、これいいですね。思ってたよりいいですね。

スポーツやアウトドアでも活躍する便利な手持ち扇風機は、令和時代の夏の必需品となるかもしれない。

置き型の扇風機では「風にこだわる」商品が人気

また、名古屋市中区のヨドバシカメラ・マルチメディア名古屋松坂屋店では、従来型の扇風機も多く扱っているが、最近では“風にこだわった”商品が売れ筋だという。

バルミューダの「グリーンファン(38,880円)」は、なんと「羽の数」が“盛り盛り”だ。

ヨドバシカメラ季節家電売り場担当 川井さん:
従来であれば、4枚羽、5枚羽が主流でしたが、こちらの商品は13枚の羽根を搭載しています。

2層構造になっていて風が大きく広がり、一般的な扇風機の4倍の範囲にまでに届くそうだ。

そして、もうひとつのトレンドは「温度センサー」を搭載した扇風機。

ヨドバシカメラ川井さん:
室温に合わせて自動で風量を調節してくれる。

室内が最適な温度になるよう、自動で風を調整してくれる商品だ。

外ではフレキシブルな「手持ち」、家では高性能な「置き型」と、この夏を乗り切るのにどちらも活躍しそうだ。

(東海テレビ)

【関連記事:日本各地の気になる話題はコチラ】

FNNピックアップの他の記事