京アニ放火殺人 犠牲者10名を公表…“アニメ界の宝”たちが生きた証

カテゴリ:国内

  • 事件から2週間 犠牲となった10名の身元を公表
  • 監督やアニメーターらの遺したものとは
  • 京都府警は今後10名以外の身元も公表する方向で調整中

京アニ犠牲者10名を公表…いまだ安否不明も

京都アニメーションの放火事件から2週間。
犠牲となった35人のうち、10人の身元を京都府警が公表した。

名前が公表されたのは、以下の10名。

武本康弘さん(47)
津田幸恵さん(41)
木上益治さん(61)
西屋太志さん(37)
宇田淳一さん(34)
笠間結花さん(22)
大村勇貴さん(23)
栗木亜美さん(30)
渡邊美希子さん(35)
34歳男性 制作マネージャー

この他、家族への取材で石田奈央美さん(49)の死亡が確認されており、大野萌さん(21)が安否不明となっている。

“アニメ界の宝”たちの軌跡

武本康弘さん(47)は、人気アニメ『らき☆すた』で監督を務めた、京都アニメーションを代表する監督の1人。

武本さんの妻は「今まで作ってきた作品が全て。それを見ていただいたファンの方が評価していただいていることが全てだと思います」とコメントしている。


作品の色の最終仕上げを担当し、約20年にわたって京都アニメーションを支えてきた、津田幸恵さん(41)。

劇場版『響け!ユーフォニアム』のクリエイターズメッセージブックに掲載されている、津田さんが描いた女の子のイラストには「これからも応援よろしくお願い致します」との言葉が添えられていた。

津田幸恵さんの父:
いなくなったというか…そういった変な感じですね。亡くなって…なんでこんな目に遭わないといけなかったのか、という思いがありますけど…


監督や演出を務め、ベテランアニメーターとして若手の育成にも携わってきた木上益治さん(61)。

会社にとって欠かせない人物だったという木上さんの、専門学校時代の同級生はこう振り返る。

木上さんの同級生・渥美敏彦さん:
アニメーションのことを語ったら、ずーっと、一日中でも語るような感じでした。これからやりたいことがいっぱいあったと思う。こんな形でね…終わっちゃうのは本当に無念だと思う。


人気アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』や『けいおん!』など多数の作品で作画監督などを務めた、西屋太志さん(37)。

西屋太志さん:
主人公の将也をどう捉えて描いていくかというところが一番難しかったというか、そこに一番時間がかかりました


映画『聲の形』のキャラクターデザインでは、その苦労をこう語っていた西谷さん。
主人公の繊細な心の動きを丁寧に描いた映画は、多くの支持を集め、大ヒットした。

献花に訪れたファン:
キャラクターや風景も、細かいところまで描かれているんです、京アニさんが一番。知りたいけど、知るのが怖いんですよね、やっぱり。現実をわかってしまうので…亡くなったことの。

20代から60代まで、京都アニメーションの作品を支えた監督や、次世代を担う若いアニメーターらまさに“アニメ界の宝”が失われたこの事件。

京都府警は今回公表された10人以外の犠牲者についても、遺族の意向を踏まえつつ身元を公表する方向で調整を進めている。

(「Live News it!」8月2日放送分より)

Live News it!の他の記事