石原さとみが見事なノーバン! 「完コピ投法」モデルは誰?

  • 石原さとみが6年連続で始球式に登板
  • マウンドを整え、古田敦也にミット位置を指示して挑む
  • 球界レジェンドの投球方法を“完コピ” 今年の投法は?

華麗なフォームを披露「まだまだ投げたい」

もはや夏の風物詩?東京ドームで7月29日に行われた元プロ野球選手たちによる夢の球宴「サントリー ドリームマッチ2019」の始球式に6年連続で石原さとみさん(32)が登板した。

石原さとみ:
今年も筋肉痛になりながら、がんばっておりますので、よろしくお願いします!

マウンドを入念に整えた石原さんは、名キャッチャーの古田敦也さんにミットの位置を指示。

2015年には村田兆治さんの「マサカリ投法」、2016年には野茂英雄さんの「トルネード投法」など、これまで往年の名物投法を完コピしてきた石原さんだが、果たして今年はどのような投法を見せてくれるのか…!?

そう、今年はメジャーでも活躍した岡島秀樹さんの「ノールック投法」を再現。

この美しいフォームからの…

美しい笑顔!

しかも、古田さんのキャッチャーミットにノーバウンドで収まるナイスピッチング。
華奢に見える石原さんだが、鍛えていなければこんなに力強い投球はできないだろう。

これには本家・岡島さんも納得の様子。石原さんと喜びを分かち合い、古田さんと3人で、ホームベース上でまさかの自撮りをしていた。

(左)岡島秀樹さん (右)古田敦也さん

今年の始球式もパーフェクトな石原さんは、「まだまだ真似したい投法がある」と“続投宣言”をしていた。


(「めざましテレビ」7月30日放送分より)

めざましテレビの他の記事