駅前の雑踏で何が?傘で目突き失明させた47歳男「当たったかも」

カテゴリ:国内

  • JR目黒駅前で男性の目を傘で突き、失明させた47歳男を逮捕
  • 電車に乗って逃走も...防犯カメラが捜査の決め手に
  • 発端は通行トラブルか 容疑者は「当たったかも」と否認

傘で目突き失明させた男を逮捕

7月4日、JR目黒駅前の路上で起きた、男性会社員(53)が傘で目を刺され、失明するという衝撃の事件。
発生から19日後の23日、会社員の荒川拓雄容疑者(47)が殺人未遂の疑いで逮捕された。

白髪交じりで眼鏡をかけ、顔を隠すように前かがみで歩くこの男が、荒川容疑者だ。

傘で目を突き刺して失明させるという犯行に、街の人は...

女性:
そこまでやるものなのかなって、なんか最近の人怖いなと。人間としてそこまでは、踏み込んじゃいけない部分だと私は思いますけどね

防犯カメラで捜査線上に浮上

事件が起きた日は、朝から雨が降っていたが夕方になるとやみ、通行人の多くは傘をささず手に持っていた。

そして午後8時半過ぎ、JR目黒駅前の路上で事件は起きた。

荒川容疑者はこの交差点で、タクシーを待っていた男性会社員の右目を傘で刺し、その後、電車に乗って逃走したとみられている。男性会社員は、右目を失明する重傷を負った。

荒川容疑者は犯行後、JR目黒駅と反対の方向に逃走したが、その後、電車に乗って逃走していたと判明。周辺の駅やコンビニの防犯カメラに、傘を持った荒川容疑者に似た男が映っていたことから、捜査線上に浮上した。

東京・港区内にある、荒川容疑者の自宅では、23日朝に家宅捜索が行われ、傘が複数押収されたという。
事件の容疑者逮捕に、駅の利用者からは「安心しました」「よかった」という声が聞かれた。

「当たったかも」と容疑を否認

荒川容疑者と男性に面識はなく、通行中になんらかのトラブルがあったとみられている。
調べに対し、荒川容疑者は容疑を否認。こう供述している。

荒川容疑者:
トラブルになった時、傘が当たったかもしれない

警視庁は犯行に至った詳しい原因を調べている。

(Live News it! 7月23日放送分)

Live News it!の他の記事