韓国で反日運動が過激化 大使館に不法侵入も

カテゴリ:ワールド

  • 大学生6人が日本大使館に不法侵入して日本に抗議
  • 韓国外務省「安全のための努力を継続」
  • 徴用工訴訟で差し押さえられた日本企業の資産現金化の手続きへ

安倍首相の顔を切り刻み 大使館に侵入も

安倍首相の顔が描かれた横断幕を一気に切り裂くデモの参加者。
垂れ幕には「死」という文字も。
日韓関係が悪化する中、反日的な動きが 強まっている。

6月22日には釜山の日本総領事館で不法侵入事件が発生。

19歳から24歳の大学生6人が、総領事館の建物から次々と木立の中へ入り、デモを始めたのだ。
すぐさま大勢の警察官が駆けつけ、おとなしく拘束される学生がいる一方、6人の警察官に担ぎあげられ、さらにもがく女子学生の姿も。

拘束された際、大学生たちは「日本は退け!」「安倍は謝罪しろ!日本の経済侵略を糾弾する」と叫んでいた。

学生6人は建造物侵入の疑いで逮捕されたが、犯行の一部を認めたため、釈放された。

正式な手続きの後、侵入

釜山駅から北におよそ700m離れたところにある、日本総領事館。
警察の発表によると、学生らは当初、正式な手続きを経て総領事館内の図書館に入ったという。

ところがその後、領事館の外で抗議集会が始まると、学生らは総領事館の建物から飛び出し、デモを行ったということだ。

韓国外務省は「外交公館の安寧を乱す行為が発生したことに対し憂慮する。安全のための努力を継続していく」とコメントした。

差し押さえの日本企業の資産を現金化へ

一方、いわゆる“徴用工訴訟”では、 差し押さえられた日本企業の資産を現金化する手続きが新たに始まった。

“徴用工訴訟”の関係者らは「“戦犯企業三菱”は大法院判決を直ちに履行しなさい!」とシュプレヒコールをあげた。

一連の訴訟で現金化の手続きに入ったのは、 日本製鉄と不二越に続いて今回が3社目。

三菱重工は「極めて遺憾であり、政府と連携して適切に対応して参ります」 とコメント。
こうした中、韓国に対する日本政府の輸出優遇措置撤廃を巡っても動きが。

日本時間の23日夜に行われる、WTO=世界貿易機関 の一般理事会に、韓国側は通商政策のエースと言われる人物を送り込み、日本の措置を非難する構えだ。

(「Live News it!」7月23日放送分より)

Live News it!の他の記事