梅雨寒なのに…女性の「腹出し」ファッションが流行中! 腹出し女子99人にその魅力を聞いてみた

カテゴリ:暮らし

  • まだ寒いのになぜ? 丈の短い服装でお腹を見せる女性が急増
  • 「脚長効果」に「ダイエット」腹出しファッションの魅力
  • 歴史は巡る…90年代にも「アムラー」による腹出しブームが…

7月としては記録的な日照不足が続く中、街で女性のファッションにある異変が起きている。

女性A:
腹出し~ズです!

――お腹出てますけど?

女性B:
しょっちゅう腹出してます

そう、腹出し!

まだ梅雨も明けていないちょっぴり寒いこの時期に、お腹を大胆に出した通称「腹出しファッション」をする女性を続々と発見した。

芸能界では、タレントの「みちょぱ」こと池田美優さんが大胆な腹出し姿をインスタグラムで披露し、3月に開催された東京ガールズコレクションでも、腹出しアイテムを身につけたモデルが登場するなど、「腹出し」は2019年注目のファッションなのだ。

しかし、梅雨寒にもかかわらず、なぜ流行しているのか? その背景をめざましテレビの「ココ調」班が調査した。

脚長効果アリ?「腹出しファッション」の魅力ベスト3

まずは、なぜ腹出しファッションをしているのかを聞いてみた。

女性C:
自分に自信が持てる。お腹を出して自信持つじゃないですか。キラキラするんですよ

――自信持てますか?

女性C:
みんなの中で一番カワイイ!ヤバイ炎上する(笑)

女性D:
腹出しているだけでオシャレ、神。腹出しの服を着たいから腹筋とか鍛えてる。 腹出しの服着なかったら、そんなに(筋トレ)しないと思う

さらに、腹出しファッションにダイエット効果があるという意見も。

女性E:
腹出しダイエット。みんなから見られてるよっていう意識をお腹に持たせて。緊張感持てるので、お腹引っ込めて出すだけで痩せられる。くびれが出る

――そんないい話あります?

女性E:
結構いいですよ!

周囲の目をより意識するため、モチベーションの維持につながるという意見も多く聞かれた。

そんな中、1番多く出た意見が・・・

女性F:
脚が自然と長く見えるかなって

女性G:
スタイルは良く見えます。目線が上の方にいくので、脚が長く見える

ココ調取材班が、腹出しファッションをしたことがある女性99人にその魅力を聞いたところ、1位「スタイルがよく見える」2位「涼しい」3位「美意識を高められる」という結果になった。

スタイルがよく見えるという効果は本当に期待できるのか?

スタイリスト・村田佳保里さん:
1番気になる下腹の部分はボトムスで隠しつつ、くびれている1番細いところ(ウエスト)を見せていく。必然的に胴が短く見えるので、脚が長く見えるという効果はすごくあると思います

最もくびれているウエストの部分を露出させることでよりスリムに見えて、脚長効果もあるという。

比べてみると、確かに「腹出し」の方は脚が長く、スリムに見える。

さらに、裾に向かって広がるフレアジーンズ穿くことで、より脚長効果につながるそうだ。

今回取材に協力してくれた腹出し女子は、総勢99人。

その中で1番腹出しをしていた、まさにNo.1“腹丸出し”女子がこちら!

その長さを計測すると、なんと20cmもお腹が出ていた。

周りは長袖に長ズボンの人もいる中、見るだけでも寒そうな見事な腹丸出し女子だった。

「経済向上で服装が大胆になる」“腹出し”ブームは90年代にも

腹出しファッションのアイテムは、お店でも続々入荷中!

ボタン付きのシンプルなタイプやTシャツのすそを結んだデザインなど、ベルシュカ 渋谷店では「腹出し商品」が約140種類販売されてた。

さらに、今年は購入する客層にも変化があるという。

H&M 渋谷店 PRコーディネーター 下久保文太さん:
例年に比べると、10代から20代以上の30代以降でもお求めのお客様の声が多いので、今年は特に腹出しファッションは注目度の高いアイテムだと思います

今年はより幅広い年齢層に腹出しが人気のようだが、巣鴨の先輩たちはどう感じているのか?

年配女性A:
ちょっとやり過ぎなんじゃないかなって思って。これ体に良くないと思いますよ、冷えるから…

年配女性B:
令和の時代だから、また違うファッションでよろしいんじゃないですか?

年配女性C:
昔も流行ったよ、こういうの。ツイッギーが来て。細くてね、すごい短いスカート履いてた

年配女性D:
何十年も前にね、流行って。ミニスカート履きました。こんくらいの膝上10cmぐらい

1967年にモデルのツイッギーが来日。その象徴的なファッションであるミニスカートに注目が集まり、日本でも足を露出するミニスカートが大流行した。

そして、時代は足からお腹へ…実は、かつて腹出しファッションが日本で大流行したことがあった。

ファッションジャーナリスト・宮田理江さん:
へそ出し・腹出しは、1990年代が広がるきっかけになったと思います

1990年代といえば、当時のカリスマ・安室奈美恵さん。彼女がヘソ出しルックをしたことで、そのファッションを真似た「アムラー」たちの間で、お腹の露出したファッションが大流行した。

さらに、当時の経済状況にも特徴があるという。

経済ジャーナリスト・荻原博子さん:
経済がよくなってくるというのが、すごく気持ちを高揚させるんですね。ファッションも華やかで大胆になってきます

カッコいいけど悩みも…体調管理に注意

しかし、そんな腹出しファッションにも弱点が…

女性H:
座った時に、肉がボンって出ちゃう。もう乗るんですよ。それがマジでいやだ

女性I:
ずっと力入れていなきゃいけないので、フッてやります。

このように、腹出しファッションの悩みの3位は「周囲の目が気になる」2位は「たくさん食べられない」だった。そして、1位は…

女性J:

暑いからヘソ出ししようかってヘソ出すけど、店に入るとクーラーここ(お腹)に当たってね?みたいな。

女性K:
「今日なんかは特に暖かくなるのかな」と思ったらめっちゃ寒くて、 めっちゃトイレ行きました。

約7割が回答した1位は、「お腹が冷える」というもの。

そこで、実際にどれくらい温度が変わるのかを検証すると、30分後のお腹の表面温度は30.5℃で、お腹を出した直後から約3℃低下した。

医師は次のように指摘する。

ファミリークリニックひきふね・梅舟仰胤院長:
お腹を冷やすと、全身の体調に大きく影響を及ぼします。2~3℃下がると風邪を引きやすくなったり、体調が悪くなったりすることもあります

自分の体調をしっかり踏まえ、お腹の出し過ぎには注意して、オシャレを楽しんでほしい。

(「めざましテレビ」『ココ調』7月17日放送分より)

(「めざましテレビ」特設サイトでは、「今日のココ調」など人気コーナーのコンテンツが無料で楽しめます!特設サイトはこちら

めざましテレビの他の記事