デヴィ夫人79歳がYouTuberデビュー!? 若者だけじゃない!“シニアYouTuber”が急増している理由とは?

カテゴリ:国内

  • 7月10日、スーパーセレブのデヴィ夫人がYouTuberとして鮮烈デビュー!
  • 若者だけでなく、シニア世代のYouTuberが急増しているというが…その理由とは?
  • 気になるYouTuberの月々の収入を聞いてみた

“シニアYouTuber”の個性豊かなチャンネル

今、何かと話題になることが多いYouTuber(ユーチューバー)。
7月10日、そんな“YouTube界”に超大型新人が鮮烈デビューを飾った。その人物とは…御年79歳のデヴィ夫人!

「皆さまが知らない、そして行ったことがない、見たことがない、聞いたことがない世界にお連れします!私の世界をのぞき込んでください」

スーパーセレブならではの世界を見せてくれるというデヴィ夫人。本人に取材すると、知人の勧めで試しに動画を撮影してみたところ、予想以上に面白かったため、YouTuberデビューしたそうだ。

デビューとしては少し遅め?と思うなかれ。実はいま、YouTube界では“シニアYouTuber”が大活躍しているのだ。

時事系ジジイYouTuber「Dangerous爺ちゃんねる」

チャンネル登録者数は1万3000人超え、トータル再生回数はおよそ75万回。82歳の男性が投稿している。
主に時事問題について自分の意見を語っており、人生経験を生かした独特な切り口や、かわいらしい表情などが人気の秘密だという。

音楽系YouTuber「リバースシンガー中田芳子さん」

チャンネル登録者数は約7000人、トータル再生回数約49万回。87歳の女性が投稿している。
30年かけて作り上げた「逆さ歌」を後世に残したいと思い、世界につながるYouTubeでの発信を開始したそうだ。投稿を始めてから自身も驚くほどポジティブになったとのこと。

日常系YouTuber「不二子の日常」

投稿される動画はその名の通り、パチンコやラジオ体操、さらにシャボン玉を飛ばす姿など、83歳になる不二子さんの日常を記録しているもの。

「かわいい、癒される」「不二子さんかわいい、いつまでも元気でいてください」など、不二子さんを見ているだけで癒されるという人が続出!
チャンネル登録者数はおよそ4万2000人、トータル再生回数はなんと400万回。シニアYouTuberの中でも、トップクラスの人気を誇っているという。

シニアの動画、なぜ伸びる?

なぜ今、YouTuberになるシニアが多いのか?「直撃LIVEグッディ!」ではITジャーナリストの三上洋さんが解説した。

倉田大誠アナウンサー:
シニア世代でYouTuberが増えているということですが、木村太郎さんもチャンネルを持ったらたくさんの人が見に来るんじゃないですか?

木村太郎(ジャーナリスト):
いやいや、YouTubeやるには僕はまだ若すぎるよ。

安藤優子:
しかし何気ない日常が、こんなにもうけるんですね。

倉田大誠アナウンサー:
みなさん日々いろいろあるなかで、こういった動画が、ちょっとほっこりしたりとか共感したりとか、すごいなっていう発見にもつながるのかもしれませんね。

安藤優子:
三上さん、シニアYouTuberの魅力ってなんでしょうか?

三上洋氏:
そうですね。もう若い人たちのYouTuberはたくさんいるので正直飽きちゃった部分もあります。でもシニアYouTuberはかわいらしい・面白い事をやってくれるということで注目されていますよ。シニア世代はいろんな経験や知恵を持っているので、今までの経験をYouTubeに発信するだけで「面白い!」となるわけです。

安藤優子:
なるほど。シニアがYouTuberになる理由はなんでしょう?

理由1:YouTubeの視聴者は若者だけでなく、40~60代も多い
理由2:シニア世代は自由な時間が多い
→趣味を生かしたシニアYouTuberが急増中


人気になれば、そのぶん収入も増えるのがYouTuber。収入の仕組みはどうなっているのかというと…

<YouTuberの収入源は広告収入>
(1)企業がYouTubeにお金を出して、広告を掲載
(2)YouTuberは動画を投稿し広告を掲載
(3)視聴者が広告と動画を見る
(4)広告の視聴回数などに応じてYouTubeはYouTuberにお金を分配する

1回再生:平均0.05~0.2円
10万回再生:5000~2万円


倉田大誠アナウンサー:
でも、全員がこれだけの再生回数を稼げるわけではない、厳しい世界なんですよね?

三上氏:
けっこう厳しい世界です。まずチャンネル登録者数が1000人いないといけないんです。これは「ネット上でかなり人気にならないと、もともとお金をもらう資格がない」ということなんです。

安藤優子:
そうなんですか!最低1000人とは、ハードル高く感じますね。

三上氏:
そうです。なので、お金のためにはできないと思います。自分の面白さ、自分のやってることをネットでみんなに見てほしい!そういう、好きでやる人じゃないとなかなか向いていないと思います。

安藤優子:
しかし、よくたくさんネタを拾えるなあと思いますね。

三上氏:
そうですね。自分たちが今までやってきたことをやる、あとは彼ら彼女らがそれぞれ可愛い。自分の見た目だけでもいける面白い人たちだということだと思います。

安藤優子:
だって不二子さんは、お酒を飲んでるだけの動画もありますもんね (笑)。でもかわいいという。

土屋礼央:
「愛すべきキャラクター」みたいなところで見てる人もいるんでしょうね。

宮澤智アナウンサー:
生活感があふれてる感じが、見ていてとてもほっこりとしてなごみます。

高橋克実:
若い人のドキドキするような映像じゃないから、逆に安心して見れるのかもしれないですね。

人気の“シニアチャンネル” 気になる広告収入は…

木下康太郎フィールドキャスター:
シニアYouTuberの方はどれくらいの収入があるのか?皆さんお金のためにやっているわけではないと思いますが、伺ってみました。

「リバースシンガー中田芳子さん」…広告を出していないため、配信収入はなし
「Dangerous爺ちゃんねる」…トータル再生回数は約75万回、毎月の収入は約3万~4万円
「YouTuber不二子の日常」…トータル再生回数は約400万回、毎月の収入は約15万~25万円


安藤優子:
木村さん、これは一つのシニアのビジネスモデルとして成立するんじゃないですか?

木村太郎:
安藤さんが始めたら、助けますよ。

倉田大誠アナウンサー:
安藤さんが先か、木村さんが先か…

安藤優子:
木村さん、さっき自分がやるには若すぎるって言っていたのに、それで私に振るってどういうことなんですか?

(「直撃LIVE グッディ!」7月12日放送分より)

グッディ!の他の記事